ニュース
» 2019年05月28日 18時56分 公開

メールで遠隔地の避難情報を把握できるサービス KDDIが提供開始

KDDIは、7月4日から情報配信サービス「登録エリア災害・避難情報メール」を提供開始。あらかじめau携帯電話番号と対象地域を登録しておくと、災害・避難情報の配信対象外エリアにいても通知を受け取ることができる。遠隔地域にいる子供が両親の住む地域の避難情報を把握し、避難を勧める連絡を入れるなどの行動を想定している。

[エースラッシュ,ITmedia]

 KDDI、沖縄セルラーは、7月4日に情報配信サービス「登録エリア災害・避難情報メール」を提供開始する。利用料金は無料。

Photo 「登録エリア災害・避難情報メール」のイメージ

 本サービスはあらかじめWebページ上でau携帯電話番号と対象地域を登録しておくと、配信対象外の場所にいても「災害・避難情報」を受け取れるというもの。各地方自治体が発信する大雨による河川氾濫などの災害に関する情報や避難勧告、避難指示などがスマートフォンやフィーチャーフォンのSMSに通知される。

Photo Web登録画面のイメージ

 同社は国土交通省が推進する「住民自らの行動に結びつく水害・土砂災害ハザード・リスク情報共有プロジェクト」に参加し、その取り組みの1つ「逃げなきゃコール」の主旨に対応したものとして提供。離れた場所に暮らす子供が高齢の両親の住む地域の避難情報を把握し、避難を勧める連絡を入れるなどの行動を想定する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう