ニュース
» 2019年06月11日 10時13分 公開

世界を学べる、タブレット付きの話す地球儀 タカラトミーが7月11日に発売

タカラトミーはタブレット付きの話す地球儀「小学館の図鑑NEOGlobe」を7月11日に発売する。知りたい国の情報をペンでタッチすると、タブレットに表示される。カメラ機能もあり、撮影した画像を保存できる。

[金子麟太郎,ITmedia]

 タカラトミーは、4.3型のタブレットが付いた地球儀「小学館の図鑑NEOGlobe」を7月11日に発売する。

TOMYCOMPANY 「小学館の図鑑NEOGlobe」

 希望小売価格は2万9800円(税別)で、全国の玩具専門店、百貨店や量販店などの玩具売り場、書店、文具店、ECサイト、タカラトミー公式ショッピングサイト「タカラトミーモール」が取り扱う。

TOMYCOMPANY タブレット「グローブパッド」が付いている

 小学館の図鑑 NEOGlobeは、地球儀と台座に備わったタブレット「グローブパッド」(以下、パッド)が連動し、地球儀上で知りたい国を付属のペンでタッチすると、パッド上にその国の情報を表示して音声で解説する。

 パッドにはカメラ機能も搭載しており、撮影した写真を国や都道府県のページに登録できる。登録する写真は国や都道府県にちなんだものを想定しており、例えばカレーの写真はインドに登録するという具合だ。

TOMYCOMPANY カメラ機能も搭載している

 世界の国や日本の都道府県、世界遺産、自然、生き物、文化、地球、宇宙――といったテーマで、小学館の図鑑NEOとJTBパブリッシングの旅行ガイドブック「るるぶ」からピックアップした1万5000以上の画像や解説を収録した。世界の文化をテーマにしたゲームや、1000問のクイズもタブレット上で楽しめる。

TOMYCOMPANY 7つのテーマに関する情報を収録している

 この他にも、パッドから流れる音声と共に画面上に字幕が表示され、耳の不自由な人でも楽しむことができる。図解の読み上げ中には音声アイコンを動かすことで、音が鳴っていることが認識できる。このため、本製品は耳の不自由な人も一緒に楽しめる「うさぎマーク」の共遊玩具に認定されている。

 本体サイズは275(幅)×416(高さ)×253(奥行)mm。地球儀とタブレットはそれぞれ単三形乾電池4本で動作する。ACアダプターを使うと乾電池なしでも駆動する(いずれも別売り)。対象年齢は6歳以上。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう