ニュース
» 2017年02月01日 11時00分 公開

auの「INFOBAR」が「トランスフォーマー」に変形!――KDDIとタカラトミーがコラボ

auの「INFOBAR」が、新たなカタチでよみがえる。初代「INFOBAR」が「トランスフォーマー」に変形する携帯電話型玩具が登場。クラウドファンディング限定で販売する。

[田中聡,ITmedia]

 KDDIとタカラトミーが「au×TRANSFORMERS PROJECT」を開始し、初代「INFOBAR」と「トランスフォーマー」をモチーフにした携帯電話型玩具を販売する。2月1日からクラウドファンディングサービス「Makuake」で申し込みを受け付ける。

au×TRANSFORMERS PROJECT 初代「INFOBAR」が「トランスフォーマー」に変形する

 トランスフォーマーはハリウッド映画化10周年、KDDIはINFOBARのシリーズである「au design project」が15周年を迎えるという節目でもある。KDDIのユーザー体験価値向上を目指した「CHANGE(変化)」と、トランスフォーマーの「変形・変化」する考えが共鳴したことでプロジェクトが始動した。

 初代INFOBARを再現した“携帯モード”から“ロボットモード”に変形させられる。ロボットはトランスフォーマーの人気キャラクター「オプティマスプライム」「バンブルビー」「メガトロン」を採用した。

 玩具は「INFOBAR OPTIMUS PRIME(NISHIKIGOI)」「INFOBAR BUMBLEBEE(ICHIMATSU)」「INFOBAR MEGATRON(BUILDING)」の3体をラインアップする。購入できるのは3体セットとOPTIMUS PRIME単体のみ。価格(税込)は3体セットが1万6200円、OPTIMUS PRIMEが5400円。サイズは携帯モードが43(幅)×156(高さ)×17(奥行き)mm、ロボットモードが69(幅)×152(高さ)×36(奥行き)mm。

au×TRANSFORMERS PROJECT 「INFOBAR OPTIMUS PRIME(NISHIKIGOI)」
au×TRANSFORMERS PROJECT 「INFOBAR BUMBLEBEE(ICHIMATSU)」
au×TRANSFORMERS PROJECT 「INFOBAR MEGATRON(BUILDING)」

 本物のケータイとしては使えないが、Bluetoothを内蔵しており、スマートフォンと連携して電話着信や新着メールなどの通知をLEDランプで知らせてくれる。BluetoothのペアリングはiPhoneとAndroid端末両方で行える。ボタン電池を採用しており、ペアリングした状態で1カ月程度持続する。

au×TRANSFORMERS PROJECT スマホに着信があると、LEDが点滅する
au×TRANSFORMERS PROJECT ペアリング用のスイッチをペン先などで押す

 携帯モードは、カラーバリエーション「NISHIKIGOI」「ICHIMATSU」「BUILDING」をはじめ、初代INFOBARの外観を完全再現しており、INFOBARのフラットなボディーも崩していない。本物のINFOBARと素材は完全に同じではないが、光沢感のあるタイルキーやその凹凸もしっかりと再現されている。背面にはパーツの境目が見えるが、正面から見ると、本物のINFOBARと区別がつかないほど精巧に作られている。

au×TRANSFORMERS PROJECT
au×TRANSFORMERS PROJECT 左が本物(携帯電話)のINFOBAR、右がコラボ商品のINFOBAR。正面から見ると、本物との区別がつかないほど忠実に再現している

 モックアップなのでディスプレイは点灯しないが、代わりに壁紙のシートを入れる形となる(文字通り“壁紙”である)。壁紙シートは4種類を用意する予定で、うち1種類はトランスフォーマーのロゴをINFOBARカラーに変更したものとなる。さらに、初代INFOBARと同じパッケージも用意される。

au×TRANSFORMERS PROJECT 初代INFOBARのパッケージも再現した

 スマートフォンの「INFOBAR A03」をモチーフにしたミニ携帯が付属しており、ロボットモードにした時に、手に持たせられる。

au×TRANSFORMERS PROJECT ミニ携帯を持っているところ。こうした芸の細かさも見どころだ

 テストマーケティングを目的としているため、auの販路では取り扱わず、クラウドファンディング限定での販売となる。販売期間は2017年2月1日11時から3月30日18時までで、ユーザーには2017年9月末に届けられる予定。au以外のユーザーも申し込める。「目標金額に達したら販売する」という制約は設けず、申し込みをすれば確実に入手できる。

au×TRANSFORMERS PROJECT 台座も付属するので、デスクにも置きやすい
au×TRANSFORMERS PROJECT キーがちょうど半分ずつになるよう、L字に分割させた
au×TRANSFORMERS PROJECT 指の関節もある
au×TRANSFORMERS PROJECT 各パーツのディテール
au×TRANSFORMERS PROJECT 多数のヒンジがあるので、座ったまま、上ったまま、などの姿勢を保てる

 INFOBARは、au design projectの第1弾製品として、2003年10月に発売された。デザインは深澤直人氏が担当。折りたたみケータイ全盛の中で、タイル状の大きなキーを配置したバータイプの形状を採用し、大きな注目を集めた。ユニークなカラー名も特徴で、NISHIKIGOI、ICHIMATSU、BUILDINGのほか、ANNINも追加された。ケータイでは2号機、スマートフォンでは4機種が発売され、根強い人気を誇るシリーズとなっている。

au×TRANSFORMERS PROJECT

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2022年06月27日 更新
  1. 「プラチナバンドを楽天に譲渡すべき」「PayPay黒字化はいつ?」 ソフトバンク株主総会で語られたこと (2022年06月25日)
  2. 詳しい人でもだまされる? スマホを狙った「フィッシング詐欺」の手口と対策 (2022年06月26日)
  3. スマホのバッテリー劣化の指標「充電サイクル500回」って結局どういうこと? (2022年06月25日)
  4. Y!mobileとUQ mobileのキャンペーンまとめ【6月25日最新版】 人気スマホを特価で手に入れよう (2022年06月25日)
  5. 月20GBのスマホ料金で最安は? ギガも通話もお得に使える10サービスを徹底比較 (2022年06月24日)
  6. PayPayキャンペーンまとめ【6月26日最新版】 最大10万ポイント還元が始まる (2022年06月26日)
  7. ドコモ販売ランキング:割引の「Xperia 1 II」と「Galaxy S21」がトップ10に返り咲き【6月13日〜19日】 (2022年06月25日)
  8. 総務省が4キャリアと全携協に「不当な端末販売拒否」の改善を要請――そもそも、スマートフォンは完全分離で売れるものなのか (2022年06月26日)
  9. Xiaomiの激安ハイエンドスマホ「POCO F4 GT」を解説 あえて“ゲーミング要素”を抑えた理由 (2022年06月25日)
  10. 楽天ペイメント、みんなの銀行、三井住友カードのキャンペーンまとめ【6月26日最新版】 最大全額還元は6月末まで (2022年06月26日)

過去記事カレンダー