ニュース
» 2019年08月26日 16時23分 公開

スマホ不要、耳に装着するだけで会話可能なウェアラブル端末 ソニーが発表

ソニーは、同社のクラウドファンディングサイト「First Flight」でウェアラブルコミュニケーションギア「NYSNO-100」の支援募集を開始。耳に装着すれば、スマートフォンなどを介さずに離れた場所にいるユーザーとの会話が可能となる。

[エースラッシュ,ITmedia]

 ソニーは、8月26日に同社のクラウドファンディングサイト「First Flight」でウェアラブルコミュニケーションギア「NYSNO-100」の支援募集を開始した。

ソニーのウェアラブルコミュニケーションギア「NYSNO-100」ソニーのウェアラブルコミュニケーションギア「NYSNO-100」 ウェアラブルコミュニケーションギア「NYSNO-100」の支援募集を開始

 本製品は耳に装着するだけで、スマートフォンなどを介さずに離れた場所にいる最大3人のユーザーと会話が可能。Bluetoothを活用した独自の「グループトーク」機能を搭載し、あらかじめお互いに登録した「NYSNO-100」を装着した利用者同士が最長約500mの範囲で同時会話を楽しめる。

 耳の下から装着する独自のスタイルを採用し、さまざまな耳の形状にフィットするだけでなく眼鏡やサングラスと干渉しないよう考慮。耳をふさがずに周囲の音が聞こえるアンビエントイヤーピースや風切音を軽減する内蔵マイクを備え、ソニーのオーディオ開発で培った技術を活用した会話環境を提供する。海水にも対応した防水性能や防塵(じん)、耐衝撃、耐低温性能を搭載し、アクティブなスポーツ中でも外れないイヤーハンガーも利用できる。電源はUSB充電で、約1.5時間の充電で連続会話時間は4時間、待機時間は15時間。重量は約14g。

 100台限定のシングルスペシャル割引は1万4000円(税込、以下同)、500組限定のペアスペシャル割引が2万7500円、300組限定のトリプルスペシャル割引が4万1000円などのプランを用意し、発送は2020年6月以降の予定。期間は9月26日まで受け付ける。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう