速報
» 2019年08月27日 06時42分 公開

「iOS 12.4.1」配信開始 脱獄可能な脆弱性を再修正

AppleがiPhoneおよびiPad向けのセキュリティアップデート「iOS 12.4.1」をリリースした。「iOS 12.3」で修正されたはずの脱獄(jailbreak)を可能にする脆弱性が、「iOS 12.4」で復活していたため。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Appleは8月26日(現地時間)、iOSデバイス向けの最新OS「iOS 12.4.1」の配信を開始した。7月22日にリリースした「iOS 12.4」にあった危険度の高い脆弱性を修正した。

 ios 1

 この脆弱性は、5月リリースの「iOS 12.3」で一旦修正されたが、iOS 12.4で復活していた「CVE-2019-8605」。「悪意のあるアプリケーションにシステム権限を取得され、任意のコードを実行される可能性がある」という、いわゆる「脱獄(jailbreak)」を可能にしてしまうものだ。

 セキュリティ研究者の“Pwn20wnd”氏が26日、iOS 12.4の脱獄ツールをGitHubで公開した。

 Appleはセキュリティアップデートのページで、CVE-2019-8605を指摘したGoogle Project Zeroのネッド・ウィリアムソン氏と共に、Pwn20wnd氏にも謝意を表した。

 ios 2

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう