ニュース
» 2019年06月04日 05時05分 公開

「iOS 13」発表 「ダークモード」実装、Apple IDでログインできる機能も

Appleが「WWDC 2019」で最新OSの「iOS 13」を発表した。iPhone 6s以降で利用できる。画面が黒基調の配色になる「ダークモード」にOS標準で対応。アプリやWebサイトへログインする際、従来のようにSNSアカウントを使わず、Apple IDだけでログインできる機能も追加する。

[田中聡,ITmedia]

 Appleが6月3日(米国時間)、開発者向けカンファレンス「WWDC 2019」で、最新OS「iOS 13」を発表した。デベロッパープレビューを同日に配布し、パブリックβを6月末に配布する予定。一般向けには2019年秋にリリースする。

iOS 13 2019年秋に配信される「iOS 13」

 対応機種は、iPhoneが「iPhone 6s」以降で「iPhone SE」も含む。iPod touchは第7世代のみ。「iPhone 5s」「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」はサポート外となる。

iOS 13 iOS 13の対象モデル

 OSとして、画面が黒基調の配色になる「ダークモード」に初めて対応。デモでは、壁紙、News、カレンダー、リマインダー、メッセージなどのApple純正アプリをダークモードで利用できることが紹介された。さらに、サードパーティーのアプリにダークモードを取り入れることもできる。特定の時間帯に自動でダークモードに変更することも可能。

iOS 13 黒基調の「ダークモード」に標準で対応

 新しい「写真」アプリでは、「写真」タブで、従来の「全ての写真」の他に、「日」「月」「年」ごとに写真を表示できるようになった。機械学習を活用することで、日、月、年ごとに、よりよく写っている写真を大きく表示し、いまひとつの写真や同じような写真は非表示になる。

iOS 13 日、月、年ごとに写真をハイライト表示できる。特定のキーワードに沿って検索すれば、例えば毎年撮影した「子どもの誕生日の写真」だけを見ることもできる

 写真の編集機能も一新。より直感的に編集できるようになり、それぞれの編集項目でスワイプするだけで、効果のレベルを調節できる。また、新たな画像編集ツールの多くは動画編集でも利用でき、動画の回転も可能に。ポートレートライティングでは、より光を近くに当てる、瞳をシャープにすると、輪郭を滑らかにする、といった効果を加えられる。

iOS 13 ポートレートライティングの編集機能も拡張

 アプリやWebサイトへログインする際、従来のようにSNSアカウントを使わず、Apple IDだけでログインできる機能も追加する。一度Apple IDでログインすれば、以降はTouch IDやFace IDなどで簡単にログインできるようになる。またメールアドレスの入力が必要な場合、ランダムな文字で形成された捨てアドレスも提供する。

iOS 13 Apple IDで各種サービスにログイン可能に

 より情報量の増した「マップ」も用意し、「Google マップ」の「ストリートビュー」のような、実際の写真をベースにした3D表示も可能になる。新しいマップは2019年後半に米国から、その他の地域では2020年以降に提供する。

iOS 13 実際の写真を使ったマップの3D表示も可能に

 パフォーマンスの改善により、Face IDの認証スピードが30%高速化する。App Storeで配信されているアプリのダウンロードサイズは50%縮小する他、アップデート用のファイルも60%縮小する。

 「リマインダー」アプリは、クイックツールバーから日時や場所、フラグ、写真などを加えられるようになる。また、特定ユーザーをタグ付けして、そのユーザーにメッセージを送るときに「●●を確認すべし」といったリマインドも可能に。

 「メッセージ」アプリでは、他のユーザーに、自分が設定した名前や写真を公開できるようになる。自分の顔を模した「ミー文字」も拡張。キーボード画面に現れる「ステッカーパック」と呼ばれる素材を、作成済みのミー文字に適用することで、さまざまなパターンを作成できる。

iOS 13 「ステッカーパック」を使い、ミー文字を簡単にカスタマイズできる

 ワイヤレスイヤフォン「AirPods」との連携も強化し、新しいメッセージを受信したら、Siriがその内容を読み上げてくれる。異なるユーザーがAirPodsで聞いている楽曲や映像を、1つのiPhoneでシェアすることも可能になる。

 QWERTYキーボードで、「Quick Path」と呼ばれる入力が可能になる。キーボードから指を離さず、スワイプをするだけで文字を入力できる。英語の入力が対応しているようだが、他にどの言語が対応しているかは不明。

iOS 13 スワイプだけで文字入力ができる「Quick Path」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう