速報
» 2019年07月23日 06時32分 公開

Apple、「iOS 12.4」と「watchOS 5.3」 配信開始 「Home Pod」日本語対応やトランシーバー復活

AppleがiPhoneとiPadのOS「iOS 12.4」とApple WatchのOS「watchOS 5.3」の配信を開始した。停止されていたApple Watchのトランシーバー機能が復活した。新規購入したiPhoneに古いiPhoneの環境を無線で移行できるようになった。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Appleは7月22日(現地時間)、iOSデバイス向けの最新OS「iOS 12.4」と、「Apple Watch」向け「watchOS 5.3」の配信を開始した。iOSには主に、3つの新機能が追加された。

 ios 1

Apple Watchのトランシーバー機能の再有効化

 Apple Watchのトランシーバー機能は今月、脆弱性が見つかって機能が停止されていた。今回のアップデートでこの脆弱性が修正され、トランシーバー機能が有効になった。

買い換えたiPhoneにデータを直接転送

 新規購入したiPhoneの設定中に、それまで使っていたiPhoneから無線でデータを直接転送することで環境を移行する機能が追加された。

Home Podの日本語対応

 昨年2月に米国で発売され、“この夏”日本でも発売予定のスマートスピーカー「Home Pod」がこのアップデートで日本語に対応する。

 ios 2 Home Pod

セキュリティ関連

 37件の脆弱性に対処した。詳細は公式ページを参照されたい。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう