速報
» 2019年09月20日 07時10分 公開

「Apple Watch」の「watchOS 6」配信開始 、「iOS 13」が必要で、Series 1と2はまだ

Appleが、「Apple Watch」の最新OS「watchOS 6」の配信を開始した。Series 1以降のモデルがアップデート可能だが、Series 1と2は「年内」にアップデートできるようになる。アップデートには同日配信開始の「iOS 13」搭載の「iPhone 6s」以降の端末が必要。

[ITmedia]

 米Appleは9月20日、スマートウォッチ「Apple Watch」の新OS「watchOS 6」を公開した。同日公開の「iOS 13」搭載の「iPhone 6s」以降の端末が必要だ。アップデートできるApple Watchは「Apple Watch Series 3」以降。Series 1と2については、「年内にサポートする予定」となっている。

 watch 1
 watch 2 Series 1と2は「年内にサポート予定」

 アップデートで利用できる主な新機能を紹介する。

Apple Watch専用のApp Store

 Apple WatchのApp Storeでアプリを検索し、直接ダウンロードできる。検索は音声入力で可能。

 store Apple WatchのApp Store

新しい純正アプリ

 オーディオブック、ボイスメモ、計算機などの純正アプリが加わった。

 apps 左から、オーディオブック、計算機、ボイスメモ、リマインダー

健康関連

 女性の月経周期を記録する「周期記録」、周囲の騒音が聴力を脅かすレベルになると振動で警告する「ノイズ」機能など。

 update iOSのApple Watchアプリでのアップデート情報

 セキュリティ関連の修正もあるが、本稿執筆現在、まだ詳細は公表されていない。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう