ニュース
» 2019年10月11日 16時42分 公開

ドコモ、KDDI、ソフトバンクが台風19号の対策を発表 移動基地局車や充電サービスなど

NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの3キャリアは、台風第19号の接近に伴う対策を発表した。移動電源車や移動基地局車の配備を進める。ショップで無料で充電可能なサービスも提供する。

[田中聡,ITmedia]

 NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの3キャリアは、台風第19号の接近に伴う対策や支援策を発表した。

 ドコモは、基地局の停電や故障に備え、移動電源車や移動基地局車などの配備を進める。市町村役場などでの通信手段を確保すべく、衛星携帯電話やスマートフォンなどの貸し出し準備を進める。ドコモショップ全店には災害用充電器と蓄電池を配備しており、無料充電サービスを提供する。

 KDDIは千葉県鋸南町と館山市に公衆無線LANと充電設備を設置する(10月11日11時30分時点)。市区町村の災害対策本部、公的機関などの団体から要請があった場合、携帯電話や充電器などを貸し出す。11日11時30分時点では、衛星通信端末24台を用意する。

 ソフトバンクは災害対策本部を設置し、速やかに対応できるよう全社体制で準備を整えているとのこと。移動基地局車、可搬型基地局、移動電源車、可搬型発電機、可搬型衛星アンテナなどの配備を進めている。全国のソフトバンクショップとY!mobileショップには蓄電池を配備しており、無料充電サービスを提供する。

 ソフトバンクは、関東・甲信越、北陸、東海、近畿地方のソフトバンクショップとワイモバイルショップを、10月12日に臨時休業する場合があることを告知している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう