速報
» 2019年10月18日 09時07分 公開

モバイル版「Googleマップ」に新しい事故報告機能 iOSでもネズミ捕り報告が可能に

iOSおよびAndroid版「Googleマップ」のナビで報告できる問題の種類が増え、従来の「渋滞」「スピード違反取締」に加え、工事中、車線閉鎖、障害車両、道路上に破片などの物体があるという項目が追加される。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは10月17日(現地時間)、モバイル版「Googleマップ」の新しい報告機能を発表した。

 車でナビを使っている際、これまでAndroid版ではスピード違反取り締まり(いわゆるネズミ捕り)、事故、渋滞を報告できたが、この機能がiPhoneからも使えるようになる。

 また、報告できる項目に、新たに工事中、車線閉鎖、障害車両、道路上に破片などの物体がある、などの問題が追加される。

 incidents 報告する際、問題をより具体的に示せるようになる

 問題を報告するには、画面右下の[+]をタップして[レポートを追加]を表示し、該当する問題のアイコンをタップする。ユーザーが報告した問題はナビ上にアイコンとして表示される。


 新機能は、AndroidとiOS向けに、今週中にグローバルでローリングアウトしていく。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう

アクセストップ10