ニュース
» 2019年11月08日 07時45分 公開

「iOS 13.2.2」リリース モバイルデータ通信の不具合などを修正

AppleがiOS 13.2.2をリリースした。ユーザーから指摘の相次いでいたモバイルデータ通信の不具合を中心に、複数の問題が修正される。

[井上翔,ITmedia]

 Appleは11月8日、「iOS 13.2.2」をリリースした。iOS 13に対応する全てのiPhoneとiPod touchが対象となるアップデートで、複数の不具合(問題)を修正する。

 アップデートは、インターネットにつないだiPhone/iPod touchから「ソフトウェア・アップデート」を実行するか、インターネットを利用できるMacやWindows PCにiPhone/iPod touchをつないで「iTunes」または「Finder」(macOS Catalina)から実行すると行える。

iOS 13.2.2 iOS 13.2.2

主なアップデート内容

 先述の通り、今回のアップデートは不具合修正が中心で、新機能の追加は行われない。修正される主な不具合は以下の通り。

  • バックグラウンド実行しているアプリが予期せず終了することがある
  • 通話後、モバイルデータ通信が一時的に利用できなくなることがある
  • モバイルデータ通信を一時的に利用できなくなることがある
  • Exchangeアカウント同士でやりとりした「S/MINE暗号化メール」への返信内容が読めなくなる
  • Safariで「Kerberosシングルサインオン」を使うと認証要求が表示されることがある
  • YubiKeyのLightningアクセサリーを使うと充電が止まることがある

 なお、iPad向けには同様の不具合修正を行う「iPadOS 13.2.2」が配信されている。

修正内容 iOS 13.2.2で修正される不具合

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう