ニュース
» 2019年10月29日 08時55分 公開

「iOS 13.2」リリース 「Deep Fusion」「AirPods Pro」対応など機能の追加・修正が多数

Appleが、iOS 13のアップデートを実施。iPhone 11シリーズにおいてA13プロセッサを活用した画像処理システム「Deep Fusion」が利用できるようになる他、新登場する「AirPods Pro」のサポートを始めとして多岐に渡る機能の追加や修正が行われる。

[井上翔,ITmedia]

 Appleは10月29日(日本時間)、「iOS 13.2」をリリースした。iOS 13に対応する全てのiPhoneとiPod touchが対象となるアップデートで、機能の追加や修正を多く含んでいる。

 アップデートは、Wi-Fi(無線LAN)につないだiPhone/iPod touchから「ソフトウェア・アップデート」を実行するか、インターネットを利用できるMacやWindows PCにiPhone/iPod touchをつないで「iTunes」または「Finder」(macOS Catalina)から実行すると行える。

アップデート画面 10月29日から配信されているiOS 13.2

主なアップデート内容

 今回は、今までのiOS 13のアップデートと比べて機能追加や修正の内容が多くなっている。主な内容は以下の通り。

カメラ(iPhone 11シリーズのみ)

  • Neural Engineを活用した画像処理エンジン「Deep Fusion」の有効化
  • 「カメラ」アプリからビデオ(動画)解像度を直接変更可能に

絵文字

  • 70種類以上の絵文字を追加または更新

AirPods

  • 受け取ったメッセージをAirPodsで聞く機能の追加
  • 「AirPods Pro」のサポート

「ホーム」アプリ

  • 「HomeKitセキュアビデオ」に対応
  • HomeKit対応ルーターを介してHomeKitアクセサリのインターネット上または自宅での通信相手を制御可能に

Siri

  • 「プライバシー」で、Siriおよび音声入力の改善に協力するかどうかを選択可能に
  • 「Siriと検索」で、Siriや音声入力履歴の削除が可能に
履歴の削除 Siriや音声入力の履歴を削除できるようになった

その他の不具合修正と機能改善

  • 他社アプリでパスワードを自動入力できないことがある事象の修正
  • 「検索」で、キーボードが表示されないことがある事象の修正
  • スワイプしてホーム画面に遷移できない場合がある事象の修正(iPhone X以降)
  • 「メッセージ」で、通知を繰り返す設定をオンにしていても1回しか通知されないことがある事象の修正
  • 「メッセージ」で、連絡先の名前ではなく電話番号が表示されてしまうことがある事象の修正
  • 「連絡先」で、連絡先リストではなく前回開いた連絡先が表示されてしまう事象を修正
  • マークアップした注釈が保存されないことがある事象の修正
  • 保存したメモが一時的に消えてしまうことがある事象の修正
  • 「設定」で、「今すぐバックアップ」をタップしてもiCloudバックアップが正常に完了しないことがある事象の修正
  • 「AssistiveTouch」において、Appスイッチャーを有効にするときのパフォーマンスを改善

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう