ニュース
» 2019年11月18日 11時19分 公開

ヤフーとLINEの経営統合が正式発表 「世界をリードするAIテックカンパニー」目指す

11月18日、ヤフーの親会社であるZホールディングスとLINEが経営統合することを正式に発表した。マーケティング事業、集客、Fintech事業、新規事業におけるシナジー効果を両社は期待する。「日本・アジアから世界をリードするAIテックカンパニー」を目指すとしている。

[田中聡,ITmedia]

 11月18日、ヤフーの親会社であるZホールディングスとLINEが経営統合することを正式に発表した。同日に資本提携に関する基本合意書の締結を決議した。2019年12月をめどに、最終契約の締結を目指して協議を進めていく。

ヤフー 経営統合に関する告知

 LINEは、ZHDの親会社であるソフトバンク、LINEの親会社であるNAVERより、LINEの普通株式、新株予約権および新株予約権付社債に対し公開買い付けをし、LINEを非公開化する意向があることを表明した。

 経営統合に伴い、ソフトバンクが保有するZHDの株式を全てLINEに移管する取引を行う。並行して、ソフトバンクとNAVERが保有するLINEの議決権割合を50:50にする取引を行い、LINEをジョイントベンチャー化。LINEはソフトバンクの連結子会社となり、LINEの傘下にZHDを収める。LINEが新たに設立する完全子会社にLINEの全事業を承継させ、このLINE承継会社はヤフーと並んでZHDの子会社となる。

ヤフー 経営統合の構成

 経営統合の背景について両社は、経営統合によってユーザー基盤や資産などを集約し、各事業領域の強化や成長投資を行うことで、日本の社会や産業をアップデートしていく、と説明する。またAI、コマース、Fintech、広告、O2Oなどの成長を目指して投資をすることで、インターネット市場で海外企業が圧倒的優勢の中、国内外でのし烈な競争を勝ち抜ける企業グループへと飛躍することを目指すとしている。

 統合によって、マーケティング事業、集客、Fintech事業、新規事業におけるシナジー効果を両社は期待する。例えばLINEのコミュニケーションプラットフォームとヤフーのeコマースサービスを連携させることで、ZHDグループ各サービスの集客効果が上がり、LINE公式アカウントを活用したユーザーの利用増が期待できる。LINE PayとPayPayが連携することで、加盟店の拡大にもつながる。

 まずは日本で「最高のユーザー体験を提供」し、その後、アジアや世界へと展開する見通し。「日本・アジアから世界をリードするAIテックカンパニー」を目指す。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう