ニュース
» 2019年11月29日 15時14分 公開

Wi2、「ギガぞう Wi-Fi」にスマホ専用プラン(月182円)と端末補償付きパック(月780円)を追加

ワイヤ・アンド・ワイヤレス(Wi2)は、「ギガぞう Wi-Fi」の新プランを2019年12月1日から提供する。月額182円の「スマホ専用プラン」は、会員専用Wi-FiスポットとVPN経由のフリーWi-Fiが利用できる。月額780円の「ファミリー機器安心パック」では、モバイル端末の保険サービスが付く。

[田中聡,ITmedia]

 ワイヤ・アンド・ワイヤレス(Wi2)は、「ギガぞう Wi-Fi」の新プランを2019年12月1日から提供する。

 ギガぞう Wi-Fiは、EAP-TTLS方式のセキュリティに対応した会員専用のWi-Fiスポットや、フリーWi-FiをVPNに接続して利用できるサービス。さらに、LTE通信のデータ容量を最大約20%圧縮する機能も備えている。従来は「ギガぞう」というサービス名で提供していたが、「Wi-Fiをより安全に、便利に利用できること」を訴求すべく、サービス名を「ギガぞう Wi-Fi」に変更した。

ギガぞう Wi-Fi 「ギガぞう」から「ギガぞう Wi-Fi」にサービス名を変更

 ギガぞう Wi-Fiのサービス内容は、これまでは月額455円(税別、以下同)で、スマートフォン以外のデバイスも含む最大5台で会員専用Wi-Fiスポット、VPN経由のフリーWi-Fi、LTE通信の最適化が利用できるという内容だった。

 今回は、上記の「スタンダードプラン」に加え、月額182円の「スマホ専用プラン」と月額780円の「ファミリー機器安心パック」を新たに提供する。

ギガぞう Wi-Fi 「スマホ専用プラン」と「ファミリー機器安心パック」を追加

 スマホ専用プランでは、自宅に固定回線のない若年層やMVNO(格安SIM)ユーザーを主なターゲットにしており、会員専用のWi-Fiスポット、VPN経由のフリーWi-Fiを、スマートフォン1台で利用できる。LTEのデータ容量圧縮には対応しない。

 ファミリー機器安心パックでは、スタンダードプランの内容を一部踏襲しており、差分として、最大10台の機器で利用できる。

 さらに、スマートフォン、PC、ゲーム機などWi-Fiに接続できるモバイル端末の保険サービスも付く。新たに購入する端末や、現在使っている端末のMACアドレスを登録し、その端末が破損した場合、最大5万円の修理代金を補償する。補償回数は年2回までで、最大10台の機器を登録できる。発売日から5年以内の製品が対象。保険を利用できるのは、契約者本人と同居人。

ギガぞう Wi-Fi 各プランの詳細

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう