ニュース
» 2019年12月24日 17時14分 公開

SIMフリースマホ「TCL PLEX」が日本上陸 3眼カメラやSnapdragon 675搭載で2万9800円(税込み)

FOXが、中国TCLコミュニケーションのスマートフォン「TCL PLEX」を12月28日に発売する。6.53型のフルHD+(1080×2340ピクセル)ディスプレイには、自社開発のディスプレイエンジンを搭載。背面には超広角カメラを含む3眼カメラを搭載する。

[田中聡,ITmedia]

 FOXが、中国TCLコミュニケーションのスマートフォン「TCL PLEX」を2019年12月28日に発売する。価格は2万9800円(税込み)で、24日に予約受付を開始する。カラーはObsidian BlackとOpal Whiteの2色。FOX 阪急メンズ東京(東京都千代田区有楽町二丁目5番1号 阪急メンズ東京 7階)、FOXオンラインストア、ビックカメラグループ、ヨドバシカメラ、Amazonで取り扱う。

TCL PLEX 「TCL PLEX」のOpal White
TCL PLEX Obsidian Black

 TCLはこれまで、「ALCATEL」や「BlackBerry」という、他社から譲り受けたブランドのスマートフォンを投入してきたが、PLEXは、初めて自社ブランドの「TCL」を冠したスマートフォン。ミッドレンジのスペックを有しており、プロセッサはSnapdragon 675、メインメモリは6GB、内蔵ストレージは128GB、バッテリー容量は3820mAh。

 6.53型のフルHD+(1080×2340ピクセル)ディスプレイには、自社開発のディスプレイエンジンを搭載。TCL担当者によると、実際に目で見える色彩を、そのまま表現できるという。TCLラボでの測定によると、色差△Eが1未満で、これはiPhone XS MaxやGalaxy S10+などを上回る数値だという。

TCL PLEX 他のスマホと比べても、見た目に近い表現が可能だとしている

 ブルーライトカットや色調調整によって目の疲労を軽減する設定や、SDR画質のHDR変換、HDR10動画の再生にも対応している。ノッチ(切り欠き)は設けておらず、インカメラの周りをパンチホールにすることで、90%の画面占有率を実現した。指紋センサーは背面に搭載している。

【訂正:2019年12月27日10時50分 初出時に、「指紋センサーはディスプレイに内蔵している」としていましたが、誤りでした。おわびして訂正致します。】

TCL PLEX 独自のディスプレイ用エンジンを搭載
TCL PLEX 目の負担を軽減する設定も可能

 背面には3眼のアウトカメラを搭載。メインで使う4800万画素カメラでは、AIによるシーン認識が可能。画角123度で1600万画素の超広角カメラ、画素サイズが2.9μmで200万画素の暗所撮影用カメラも備えている。暗所撮影用のカメラを用いた夜間モードでは、通常の3倍の明るさを実現し、鮮明に夜間撮影ができるという。960fpsのスローモーション撮影にも対応している。動画撮影では、被写体を自動追随してズーム処理をしたり、4K動画を撮影したりできる。インカメラは2400万画素。

TCL PLEX
TCL PLEX 3つのアウトカメラを搭載
TCL PLEX 視野が4倍になるという超広角カメラ
TCL PLEX ズーム倍率や超広角などは、右下のアイコンからワンタッチで切り替えられる

 独自UI(ユーザーインタフェース)として「TCL PLEX UI」を採用しており、スワイプの操作でアプリ一覧を見たり、ホーム画面に戻ったりできる。メモリやストレージの状況を管理できる「スマートマネジャー」、独自の「ミュージックプレーヤー」や「天気予報」なども用意した。側面に搭載した「カスタムキー」には、単押し、2度押し、長押しに、任意のアプリや機能を割り当てられる。Bluetooth機能では、最大4台のスピーカーと接続できる。

TCL PLEX ショートカットキーとして使えるキーを側面に搭載

 本体サイズは76.6(幅)×162.2(高さ)×8(奥行き)mm、重量は192g。SIMはnanoSIMが2枚利用できるデュアル仕様。OSはAndroid 9をプリインストールしている。対応バンドはLTEが1、3、5、7、8、19、20、28、38、40、3Gが1、2、5、6、8、9、19。グローバルモデルからの変更点はなく、防水やおサイフケータイなどには対応していない。

TCL PLEX 幅が76.6mmなので、片手だとやや手に余る
TCL PLEX 背面に「TCL」ロゴが見られる
TCL PLEX
TCL PLEX
TCL PLEX
TCL PLEX
TCL PLEX

 アラミド繊維を用いたケース「Aramid Fiber Case for PLEX」を別途用意しており、2020年1月中旬から4527円(税込み)で販売する。また、オンデマンドのケースプリントサービス「caseplay jam for PLEX」も展開し、2000以上のデザインを選べるようになる予定。注文するケースの価格は2980円(税別)。

TCL PLEX 「Aramid Fiber Case for PLEX」

FOXがTCLブランドのスマホを扱う経緯は?

 TCLコミュニケーションは、2015年〜2016年にかけて、日本では「ALCATEL」ブランドのスマートフォンを投入していた。しかし2017年以降は新モデルの投入はなくなり、ALCATELブランドは日本市場からは事実上の“撤退”となっていた。

 その後、2017年にFOXがTCLコミュニケーションの正規代理店としてBlackBerryシリーズを日本で発売したことで、結果的にTCLのスマホが日本で“復活”を果たした。今回のPLEXは、FOXが扱うTCLのスマートフォンとしては2つ目のブランドとなる。

 FOX代表取締役の五十畑理央氏は「弊社のポリシーと異なるので、ALCATELブランドのモデルは扱ってこなかった」と話す。一方、TCLブランドの製品は、テレビ、スマートグラス、IoT製品を含めたTCLのエコシステムに魅力を感じ、その裾野を広げるべく、TCLスマートフォンの取り扱いを決めたという。

 ミッドレンジでは3万円台が主流の中で、税込みで2万9800円という価格は一段安いが、「より多くの方々に端末を触って、体験してもらいたいので、この価格設定にした」と同氏は話す。現在の販路はECサイトや量販店が中心だが、MVNOやキャリアとは商談中とのこと。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう