ニュース
» 2020年01月17日 15時50分 公開

楽天モバイルのMNOサービス障害、原因は課金制御機器の「デッドロック」

2019年12月10日に発生した、楽天モバイルのMNOサービスにおける通信障害の原因が判明。対策を講じると共に、総務省への報告も行ったという。

[井上翔,ITmedia]

 楽天モバイルは1月17日、2019年12月10日に発生したMNOサービスにおける通信障害の詳細な影響範囲と原因と、それを受けた対応策を公表した。

楽天モバイルからのお知らせ 楽天モバイルからのお知らせ

障害の発生日時と影響範囲

 今回の障害は、2019年12月10日午前8時34分に発生し、午前11時15分に回復した。障害の影響を受けた回線数は以下の通り。

  • 音声通話:147回線
  • データ通信:約1000回線

障害の原因

 同社の「西日本Central Data Center」に設置している課金制御機器において、データベース処理の不具合に起因するデッドロック(※)が発生したことが障害の発生原因だという。また、同社のネットワークの特徴でもある「仮想化技術」の導入は原因ではないとのことだ。

(※)デッドロック:2つ以上のソフトウェアが互いの処理完了を待ち合い、結果として処理が進まなくなる状態

再発防止策

 今回の障害を受けて、同社では原因となった機器のソフトウェア処理に変更を加え、デッドロックが発生しないようにする措置を取ったという。また、全ての取引先ベンダーと連絡を取り、ソフトウェアの処理においてデッドロックが発生しないかどうかの調査を依頼し、発生しうる場合は早急に実装の変更を依頼するという。

 その上で、以下の3点について1月14日付で総務省に報告を行った。

  • 電気通信設備又は機能に対する過負荷試験等の実施
  • 監視体制及び監視方法の適切な構築
  • 利用者への適時・適切な周知方策の措置等
再発防止策 再発防止策

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう