ニュース
» 2020年03月04日 18時17分 公開

ソフトバンク、位置情報を確認できる小型IoTデバイス「どこかなGPS」3月12日に発売

ソフトバンクは、3月12日にZTE製の小型IoTデバイス「どこかなGPS」を発売。専用アプリを通して位置情報を確認でき、保護者が子どもの見守りができる機能を備える。

[エースラッシュ,ITmedia]

 ソフトバンクは、3月12日にZTE製の小型IoTデバイス「どこかなGPS」を発売。希望小売価格は、本体と2年間の通信料金がセットで1万2000円(税別)。

ソフトバンク どこかなGPS

 本製品は、衛星測位システムの信号を受信する機能(GPS機能)を搭載した正方形の小型のIoTデバイス。スマートフォンの専用アプリを通して、離れた場所から位置情報を検索できる。GLONASSや準天頂衛星「みちびき」のGPS補完に対応し、広範囲での測定を可能とする。

 約4.7cm四方の軽量薄型デザインで、防水(IPX7)と防じん(IP6X)をサポート。製品の中央のボタンを押すと、その時点の位置情報が専用アプリに通知される他、最新の位置情報を表示する「いまどこ検索」、あらかじめ指定したエリアから出入りしたことをメールで通知する機能「ついたよ通知(GPS)」などの機能を利用できる。3分間隔などで自動的に測位する、3日分の移動履歴を残す機能も備え、保護者が安心して子どもの見守りができるという。

 取り扱いは一部のソフトバンクショップ、全国の家電量販店(一部店舗を除く)、SoftBank SELECTION オンラインショップ、+Style、Yahoo!ショッピング、Amazonなど。3年目以降は月額400円(税別)となり、ソフトバンク以外の利用者でも使用できる。

ソフトバンク 利用イメージ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう