ニュース
» 2019年12月19日 20時10分 公開

ソフトバンクが子どもの位置検索ができる「どこかなGPS」を投入 2020年2月下旬以降に発売

ソフトバンクが、位置情報の送信に特化した端末を発表。本体と2年間の通信料金をセットにして発売。GPS機能を搭載した正方形の小型デバイスがの専用アプリを通じ、離れた場所から位置を検索できる。

[エースラッシュ,ITmedia]

 ソフトバンクは2020年2月下旬以降、ZTE製の端末「どこかなGPS」を発売する。本体と2年間の通信料金をセットで提供する予定となっている。

ソフトバンクの「どこかなGPS」 どこかなGPS

 どこかなGPSは、測位機能を搭載した正方形の小型デバイス。GPSはもちろん、GLONASSや準天頂衛星「みちびき」を使った測位にも対応している。専用アプリを通して離れた場所から位置を検索できる上、Wi-Fiや携帯電話基地局を組み合わせて高い精度での測位を可能としている。

 中央のボタンを押すとその時点の位置情報がスマートフォンに通知され、どこにいるかが検索できる「いまどこ検索」、あらかじめ指定したエリアから出入りしたことを通知する機能「ついたよ通知(GPS)」を利用可能。このほか、3分間隔などで自動的に測位する、3日分の移動履歴を残すなど、子どもの見守りや大切な物の位置検索に活用できる。

 サイズは約47(幅)×47(高さ)×15.5(奥行き)mm、重量は約34g。カラーはホワイトで、IPX7/IP6Xの防水・防塵(じん)性能を備える。

ソフトバンクの「どこかなGPS」 利用イメージ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう