世界を変える5G
ニュース
» 2020年03月05日 11時00分 公開

ソフトバンクが5Gスマホを発表 「AQUOS R5G」「OPPO Reno3 5G」など4機種

ソフトバンクが、5Gに対応するスマートフォン4機種を発表。ラインアップは「AQUOS R5G」「Axon 10 Pro 5G」「LG V60 ThinQ 5G」「OPPO Reno3 5G」の4機種。AQUOS R5GとAxon 10 Pro 5Gは3月27日に発売する予定。

[田中聡,ITmedia]

 ソフトバンクが、5Gの商用サービス「SoftBank 5G」を2020年3月27日に開始する。これに伴い、5Gに対応するスマートフォン4機種を発表。2020年3月27日から順次発売する。

 ラインアップは、シャープの「AQUOS R5G」、ZTEの「Axon 10 Pro 5G」、LGエレクトロニクスの「LG V60 ThinQ 5G」、OPPOの「OPPO Reno3 5G」の4機種。なお、国内キャリアでOPPO Reno3 5Gを扱うのはソフトバンクのみ。

ソフトバンク5Gスマートフォン ソフトバンクの5Gスマートフォン。左から「AQUOS R5G」「Axon 10 Pro 5G」「LG V60 ThinQ 5G」「OPPO Reno3 5G」

 5Gでは、より高速・大容量の通信が可能になり、AQUOS R5GとAxon 10 Pro 5Gは、5Gネットワークで下り最大2Gbps、上り最大103Mbpsの通信が可能(LG V60 ThinQ 5GとOPPO Reno3 5Gの通信速度は測定中)。

 今回発表した5Gスマートフォン4機種は、3月27日から提供する「トクするサポート+」の対象となっている。

 発売日は以下の通り。

  • AQUOS R5G……3月27日発売予定(3月6日から予約受付)
  • ZTE Axon 10 Pro 5G……3月27日発売予定(3月6日から予約受付)
  • LG V60 ThinQ 5G……4月下旬以降発売予定
  • OPPO Reno3 5G……7月下旬以降発売予定

 AQUOS R5Gは、約6.5型のPro IGZO液晶ディスプレイを搭載したスマートフォン。8Kの静止画や動画を撮影できる超広角カメラを備えており、他に広角カメラ、光学2倍ズーム対応の望遠カメラ、背景ボカシ用のToFカメラを搭載。プロセッサはSnapdragon 865、メインメモリは12GB、内蔵ストレージは256GB。

AQUOS R5G シャープの「AQUOS R5G」

 ZTE Axon 10 Pro 5Gは6.4型有機ELを搭載しており、狭額縁設計によって92%の画面占有率を実現。アウトカメラは3つ搭載しており、AIによって最適な撮影モードを自動で選択する。2000万画素のインカメラは美肌機能に対応している。プロセッサはSnapdragon 865、メインメモリは6GB、内蔵ストレージは128GB、バッテリー容量は4000mAh。

ZTE Axon 10 Pro 5G 「ZTE Axon 10 Pro 5G」

 LG V60 ThinQ 5Gは、ディスプレイを搭載した付属のケース「LGデュアルスクリーン」を装着することで、2画面スマホとして活用できる。ソフトバンクが提供するコンテンツ配信サービス「5G LAB」や「FR SQUARE」では、音楽ライブやスポーツなどを、2画面を生かした多視点で視聴できる。カメラは8K動画の撮影も可能。ディスプレイは約6.8型有機ELと大きく、5000mAhの大容量バッテリーを備える。プロセッサはSnapdragon 865、メインメモリは8GB、内蔵ストレージは128GB。

LG V60 ThinQ 5G 「LG V60 ThinQ 5G」(LGデュアルスクリーンを装着した状態)

 OPPO Reno3 5Gは、インカメラをディスプレイ内に搭載したことで、93.4%の画面占有率を実現。ディスプレイは約6.55型有機ELで、内部に指紋センサーを備えている。背面には4つのカメラを搭載しており、AIが肌や輪郭を整える「AIビューティー」機能にも対応している。プロセッサはSnapdragon 765G、メインメモリは8GB、内蔵ストレージは128GB。おサイフケータイにも対応する。

OPPO Reno3 5G 「OPPO Reno3 5G」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう