ニュース
» 2020年03月16日 16時46分 公開

「Indeed求人検索」アプリを大幅刷新 “100を超えるフィルター機能”搭載

Indeedは3月16日、スマートフォンアプリ「Indeed求人検索」を大幅に刷新した。日本の求職者のニーズに合わせて設計した「発見メニュー」や「100を超えるフィルター機能(絞り込み機能)」など、日本向けの機能を多数実装した。アプリの画面下部にど4つのナビゲーションメニューを設け、職種や仕事の特徴など100種類を超えるフィルターを採用した。

[金子麟太郎,ITmedia]

 Indeed(インディード)は3月16日、スマートフォンアプリ「Indeed求人検索」(iOS/Android)を大幅に刷新し、日本の求職者のニーズに合わせて設計した「発見メニュー」や「100を超えるフィルター機能(絞り込み機能)」など、日本向けの機能を実装した。アプリは無料で利用でき、既にインストール済みの場合はアップデートをするだけで新機能を利用できる。

 今回の大幅刷新は、アプリの画面下部にど4つのナビゲーションメニューを設けたことで、仕事探しをする上で重要な機能にすぐにアクセスできるようになったことが大きな特徴だ。

 検索メニューではフリーワード検索に加えて、絞り込み機能や検索条件を保存する機能が使える。保存した条件に合った新着求人情報をメールやメッセージングアプリで受信できる。

Indeed 検索メニュー

 発見メニューでは、よく検索されるワードや特徴、職種から仕事を探すことが可能。自分に合った仕事が思い浮かばないときや、どんな仕事があるのかを探すときに役立つとしている。

Indeed 発見メニュー

 気になるメニューは、検索画面上で気になって保存した求人をすぐに確認できる。また、画面を横にスワイプするだけで、保存済みの求人情報を見比べることが可能だ。

Indeed 気になるメニュー

 マイページはアカウント情報を確認できる他、保存した検索条件やフォローした企業のリストを管理し、新着求人のアラートを設定できる。また、履歴書を登録しておけるため、求人情報への応募がスムーズにできるという。

Indeed マイページ

 職種や仕事の特徴など100種類を超えるフィルターを実装。フィルターは、Indeed上に収集された日本国内の求人票の中で、日本の求職者が仕事探しの際によく使用するワードや特徴的なワードを自動的に抽出したものから成り立っている。

 この他にも、企業が求人情報内に写真を掲載できるようになった。なお日本以外の国では、Indeedの求人情報に写真を掲載することはできない。

 同社によると、今後はスマートフォンの位置情報を使った機能の実装も検討しているという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう