速報
» 2020年04月13日 09時59分 公開

LG、次期端末のモデル名は「LG VELVET」と発表 「新ブランド戦略で英数字の羅列は止める」

LGが、次期端末のモデル名を「LG VELVET」と発表した。VELVETはビロードのこと。滑らかで柔らかなデザインを体現する名前だとしている。新ブランド戦略で、「V30+」のような英数字の羅列は止めるという。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 韓国LG Electronicsは4月12日(現地時間)、新たなブランド戦略の下、モデル名での英数字採用を止め、次期端末の名称を「LG VELVET」とすると発表した。

 velvet 次期端末名は「LG VELVET」

 「最近のスマートフォンはどれも似通っていて、スペックだけでは区別が難しくなっている」とし、デザインと“感触(tactile)”を強調することで差別化していく新たなブランド戦略を採るという。LG VELVET(velvetはビロードのこと)はその第一弾になる。この名称は、「光沢のある滑らかさと柔らかなデザイン」という新端末の特徴を体現するものだという。

 LG VELVETの発表時期やスペックはまだ不明(同社は5月にフラグシップ端末を発表することが多い)だが、9日に「次期スマートフォンのデザイン」として、「レインドロップ」カメラと「3Dアークデザイン」のコンセプト画像を披露した。

 velvet 2

 レインドロップとは、雨だれのこと。背面カメラの配置が雨だれのような形になっていることを指すようだ。3Dアークデザインは、角や縁が曲線を描く筐体デザインのことだろう。

 LGだけではないが、スマートフォンのモデル名は英数字の組み合わせが多く、製品イメージを想起しにくい。LGの場合は例えば「V30+」「LG style 3」などがある。LG VELVETに続くラインアップをどのように展開していくのかはまだ不明だが、覚えやすくなりそうではある。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう