速報
» 2020年05月21日 07時36分 公開

iOSとiPadOSの「13.5」配信開始 マスク着用時のロック解除簡易化やグループFaceTime改善など

AppleがiOSとiPadOSの「13.5」の配信を開始した。マスク着用でFace IDが使えない場合のために、ロック画面の下端から上へのスワイプでパスコードフィールドを表示できるようになる。iOSでは厚生労働省が公開する見込みの新型コロナ感染者接触通知アプリに対応するAPIも追加された。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Appleは5月20日(現地時間)、「iOS 13.5」および「iPadOS 13.5」をリリースした。iOS 13に対応する全てのiPhoneとiPod touch、iPadOSに対応する全てのiPadが対象となるアップデートで、マスク着用時のロック解除操作の簡易化など、幾つかの機能追加や改善が行われる。

 ios 1 iOS 13.5

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で常時マスクを着用するユーザーが増えたことを受け、マスク着用時にFace ID搭載端末でロック解除する操作を簡略化した。具体的には、ロック画面の下端から上にスワイプすると、パスコードフィールドが自動的に表示されるようになる。

 この機能は、ロック解除時だけでなく、Apple PayなどFace IDでのサインインに対応するその他のアプリでの認証時にも利用可能だ。

 また、FaceTimeのグループ通話中にビデオタイルのサイズが変更されないように、自動的に目立たせる機能を制御できるオプションが追加された。

 iOSにはさらに、同日Appleが米Googleと共に発表した新型コロナに感染した可能性のある人にそれを通知する「曝露通知アプリ」に対応する接触通知APIが追加された。日本では厚生労働省が曝露通知アプリをApp Storeで公開する見込みだ。

 セキュリティ関連の修正もあるようだが、本稿執筆現在、まだ情報が公開されていない(公開されたら追加する予定です)。

 ios 2

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう