速報
» 2020年03月25日 11時26分 公開

iOSとiPadOSの「13.4」配信開始 iPadOSはマウスとトラックパッドに対応

AppleがiOSとiPadOSのバージョン13.4の配信を開始した。iPadOSではマウスとトラックパッドの対応、日本語のライブ変換の強化などが行われた。セキュリティ関連では30件の脆弱性を修正した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Appleは3月24日(現地時間)、「iOS 13.4」および「iPadOS 13.4」をリリースした。iOS 13に対応する全てのiPhoneとiPod touch、iPadOSに対応する全てのiPadが対象となるアップデートで、セキュリティ関連を含む複数の不具合(問題)の修正と機能の改善などが行われる。

 iPadOSでは新しい「iPad Pro」の発売に合わせ、マウスとトラックパッドに対応した他、キーボード関連の更新も多数追加した。

 ios iOS 13.4
 ipados iPadOS 13.4

iPadOSだけの主な更新内容

 マウスとトラックパッドのサポートは、新しいiPad Pro以外でも(第7世代iPadでも)、USBやBluetoothで接続するトラックパッドで利用できる。

 キーボードのサポートでは、日本語のライブ変換で、スペースバーを押さずにひらがなを適宜自動変換できるようになる他、多数のバグが修正された。

iOSだけの更新内容

 CarPlayのダッシュボードに他社のナビアプリを表示可能になり、通話情報も表示するようになる。

iOS、iPadOS共通の主な更新内容

  • 9つの新しいミー文字ステッカー(「笑顔とハート」「ごめんなさい」「パーティーフェイス」など)
  • 「ファイル」アプリでiCloud Driveのフォルダを共有可能に
  • メールのスレッドビューでメールの削除、移動、返信、作成ができるコントリールを常時表示
  • App StoreとAPpleArcadeで1度購入したアプリを同じアカウントで利用するすべてのApple製品で利用可能に

 その他の更新やバグ修正については関連リンクを参照されたい。

セキュリティ関連

 CVEベースで30件の脆弱性に対処した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう