ニュース
» 2020年06月01日 17時00分 公開

ドコモの「Galaxy S10シリーズ」にS20相当の機能を追加するアップデート

NTTドコモから発売された「Galaxy S10シリーズ」に、Galaxy S20シリーズで追加された新機能の一部が追加される。最新のソフトウェア更新を適用することが条件となる。

[エースラッシュ,ITmedia]

 NTTドコモは6月1日、サムスン電子製スマートフォン「Galaxy S10 SC-03L」「Galaxy S10+ SC-04L」「Galaxy S10+ Olympic Games Edition SC-05L」のソフトウェアアップデートの配信を開始した。この更新を適用すると、Galaxy S20シリーズで追加された新機能の一部が利用できるようになる。

Galaxy S10Galaxy S10 サムスン電子製スマートフォン「Galaxy S10 SC-03L」「Galaxy S10+ SC-04L」(写真=左)、「Galaxy S10+ Olympic Games Edition SC-05L」(写真=右)

 カメラには、1回の撮影でさまざまな写真・動画を自動的に撮影する「シングルテイクモード」、任意の画像をカスタムフィルターにできる「マイフィルター」、シャッタースピード・ISO調整が可能な「プロ動画モード」、2人以上の顔認識に広角へ自動切り替えする機能、ハイパーラプス撮影に夜間向け「ナイトモード」を追加した。

Galaxy S10 シングルテイクモード

 また「AR絵文字」を「ARゾーン」に名称変更して機能もさらにアップデートし、録画中のカメラ切り替えも可能に。カメラの撮影ボタンがアップデート後に長押しで「動画撮影モード」、スワイプ長押しで「連続撮影モード」となる。

 キーボードの一部UIが変更され、「通訳」「検索」「Galaxy Pass」「キーボードサイズ」機能を追加。モーションも追加され、2本の指で左右にスワイプすると直前の編集を元に戻す/やり直すができるようになった。画像をグループにまとめて表示できるようになり、1つのBluetoothスピーカーへ複数の端末を接続して音楽を共有する「Music Share」機能も追加された。

Galaxy S10 キーボードが一部変更

 ファイルをより簡単に共有できる「クイック共有」が追加され、MOV 形式の動画ファイルの再生にも対応。プリインアプリには生体認証でユーザーを認証する「Galaxy Pass」、端末の各機能を紹介する「ヒント」、よりAR絵文字を楽しめる「ARゾーン」が追加となった。併せて、伝言メモが正しく動作しない場合がある不具合を改善し、設定メニューのセキュリティパッチレベルが2020年5月となる。

 更新の所要時間は、端末単体で利用する場合が約6〜8分、PC/Macを経由する場合が約54〜56分だが、端末の状況によって前後する場合もある。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう