ニュース
» 2020年06月09日 19時06分 公開

Yahoo!乗換案内、混雑傾向を4段階で表示可能に AIを活用

ヤフーは、6月9日に乗換検索アプリ「Yahoo!乗換案内」で「混雑トレンド機能」を提供開始。路線の混雑傾向を4段階のアイコンで表示し、まずは首都圏を中心とした65路線を対象とする。

[エースラッシュ,ITmedia]

 ヤフーは、6月9日に乗換検索アプリ「Yahoo!乗換案内」で「混雑トレンド機能」を提供開始した。

ヤフー 乗換検索アプリ「Yahoo!乗換案内」で「混雑トレンド機能」を提供開始

 本機能は過去の路線検索データをもとに路線や方面ごとの検索数の推移をAIで算出し、路線の駅間の混雑傾向をアイコンで表示。混雑傾向は「乗客が少ない時間帯」「乗客がやや少ない時間帯」「乗客がやや多い時間帯」「乗客が多い時間帯」の4段階で、対象は首都圏を中心とした65路線だが随時拡大する予定だ。

ヤフー 混雑度

 検索したルート上に混雑トレンド機能に対応している路線がある場合、ルート検索結果画面に混雑トレンドアイコンが表示される。アイコンは、ルート検索結果画面ではルート上の区間で最も高い混雑レベルが表示され、検索結果詳細画面では次の駅までの駅間の混雑傾向を表示する。さらに検索結果詳細画面から駅を展開すると、駅の区間ごとの混雑傾向が表示される。

ヤフー ルート/検索結果詳細画面
ヤフー 検索結果詳細画面から駅の区間ごとの混雑傾向を確認可能

 Yahoo!乗換案内アプリでは、各種イベント開催による路線の混雑を事前に予測する「異常混雑予報」、駅の混雑状況を予測する「駅混雑予測機能」も提供している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう