今日から始めるモバイル決済
ニュース
» 2020年06月26日 15時32分 公開

au PAYやPayPayが「新型コロナ見守りサービス」で連携 利用店舗で感染者が発生したら通知

東京都が、「店舗型東京版新型コロナ見守りサービス」の協力事業者「新型コロナ・テックパートナー企業」を発表。KDDIやPayPay、ヤフー・一休が選ばれた。キャッシュレス決済や予約サービスを利用した店舗で新型コロナの感染者が出た場合、ユーザーに通知をする。

[田中聡,ITmedia]

 東京都は、「店舗型東京版新型コロナ見守りサービス」の協力事業者「新型コロナ・テックパートナー企業」としてKDDI、PayPay、favy、イベントレジスト、ヤフー・一休を選定した。キャッシュレスサービス「au PAY」と「PayPay」、事前予約システム「favy」、事前登録チケットシステム「EventRegist」「PassMarket」が連携する。

新型コロナ 「新型コロナ・テックパートナー企業」

 上記5サービスの決済や予約などをした店舗で新型コロナウイルス感染症のクラスタが発生した際に、来店履歴をもとに、ユーザーに店舗名や発生日時を知らせる。これらの情報はまずは店舗からテックパートナー企業に、続いてテックパートナー企業からユーザーに通知される。サービスは6月27日から順次開始する。

新型コロナ テックパートナー企業のサービスを利用した店舗で新型コロナウイルスのクラスタが発生した際に、ユーザーに通知をする
新型コロナ PayPayでの利用方法。アプリの機能一覧から「新型コロナ通知」を選び、同意をすればよい

 サービスを利用するにはユーザーが各アプリから同意をする必要があるが、サービスへの登録の有無、クラスタ発生情報の通知を行った事実を含め、ユーザーの個人情報が東京都に提供されることは一切ないという。サービスは、ワクチンが開発されるなど、新型コロナウイルス感染症が終息した段階で提供を終了する予定。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう