ニュース
» 2020年05月25日 20時35分 公開

新型コロナの「濃厚接触通知アプリ」、6月中旬公開へ 安倍首相が言及

安倍晋三首相が、新型コロナウイルスの感染者と濃厚接触した可能性がある際に通知をするアプリを、6月中旬をめどに導入することを明かした。接触通知アプリは、AppleとGoogleが提供するAPIをもとに、日本では厚生労働省が開発し、App StoreとGoogle Playストアで公開する見込み。「個人情報は全く取得しない」ことも特徴だ。

[田中聡,ITmedia]

 安倍晋三首相が5月25日、緊急事態宣言を全都道府県で解除することを発表した記者会見で、新型コロナウイルスの感染者と濃厚接触した可能性がある際に通知をするアプリを、6月中旬をめどに導入することを明かした。

安倍首相 接触通知アプリについて言及する安倍晋三首相

 接触通知アプリは、AppleとGoogleが提供するAPIをもとに、日本では厚生労働省が開発し、App StoreとGoogle Playストアで公開する見込み。Bluetoothを活用することで、新型コロナウイルスに感染した人と濃厚接触した可能性がある場合に通知が来る。位置情報をはじめとする「個人情報は全く取得しない、安心して使えるアプリ」と安倍首相は強調する。プライバシー保護の観点から、通知にはローテーション式のランダムなBluetooth識別子を使用。新型コロナウイルス感染症と診断されたユーザーは、ランダムな識別子を共有するかを選択できる。

iOS iOS端末では、iOS 13.5とiPadOS 13.5で接触通知APIが追加されており、「設定」→「プライバシー」→「ヘルスケア」から「COVID-19接触のログ記録」をオン/オフにできる(現在はアプリが導入されていないため、設定はできない)

 緊急事態宣言解除後も、感染者の増加スピードが高まれば、「2度目の緊急事態宣言の可能性もある」と安倍首相は述べる。「外出自粛のような社会経済活動を制限するようなやり方はできる限り避けたい。そのためには感染者をできるだけ早期に発見する、クラスタ対策をいっそう強化することが必要。そのカギが、接触確認アプリの導入」にあると首相はみている。

 オックスフォード大学が発表したシミュレーションによれば、この接触確認アプリが人口の6割近くに普及し、濃厚接触者の早期の隔離につなげることができれば、ロックダウン(都市封鎖)を避け、大きな効果が期待できるという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう