ニュース
» 2020年06月19日 12時16分 公開

「新型コロナウイルス接触確認アプリ」、6月19日15時に配信開始

厚生労働省は、「新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)」を6月19日15時に配信開始する。対象OSはAndroidがAndroid 6.0以上、iOSがiOS 13.5以上。スマートフォンのBluetoothを活用して、新型コロナウイルス感染症の陽性者と約1m以内で15分以上接触した可能性がある場合に通知を受けられる。

[田中聡,ITmedia]

 厚生労働省は、「新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA=COVID-19 Contact-Confirming Application)」を6月19日15時に配信開始する。

 アプリはApp StoreとGoogle Playからダウンロードできるが、同省は「リリース直後はインストールしにくくなる事象が発生する可能性がある」と説明している。対象OSはAndroidがAndroid 6.0以上、iOSがiOS 13.5以上。公開日から1カ月はプレビュー版となり、利用状況を参考にしながらデザインや機能の修正を予定しているとのこと。

cocoa 厚生労働省の告知

 接触確認アプリでは、スマートフォンのBluetoothを活用して、新型コロナウイルス感染症の陽性者と約1m以内で15分以上接触した可能性がある場合に、通知を受け取れる。電話番号や位置情報など個人を特定する情報は記録せず、いつ、どこで、誰と近接したかは互いに分からない。近接に関する情報は14日経過後に自動で無効になる。

 陽性者近接したことを通知された場合、症状などに応じて、帰国者や接触者外来などの受診までを、アプリまたはコールセンターで案内する。

 新型コロナウイルスの陽性が判明した場合、本人の同意のもと、新型コロナウイルス感染者等情報把握・管理支援システムから発行された「処理番号」を入力する形でアプリに登録をする。

cocoa 「新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)」の仕組み

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう