ニュース
» 2020年04月15日 14時34分 公開

Appleの「Siri」で新型コロナウイルスの情報を取得

Appleの音声アシスタント「Siri」で新型コロナウイルスに関する情報を取得しやすくなった。「新型コロナウイルスのニュースを流して」などと話しかけると、ニッポン放送のニュースを再生できる。厚生労働省のリンクが表示される場合がある。

[金子麟太郎,ITmedia]

 Appleの音声アシスタント「Siri」で、新型コロナウイルスに関する情報を取得しやすくなった。iPhoneやiPadなどでSiriに、新型コロナウイルスについて尋ねると、関連するニュースを流してくれる。

 具体的には、iPhoneやiPadでサイドボタンの長押しするか、「Hey Siri」と話しかけてから「新型コロナウイルスのニュースを流して」などと話しかけると、ニッポン放送のニュースを再生できる。

新型コロナウイルス Siriが聞き取っている時の画面(左)と、ニッポン放送のニュース(右)

 画面上には「ニッポン放送での新型コロナウイルス感染症の最新ニュースはこちらです」と表示されるので、再生ボタンをタップすればよい。

 指示に必要なキーワードは「コロナウイルス」「コロナ」「COVID-19」と「ニュース」と「再生」「流して」「かけて」など。これらを組み合わせると反応する。

 また、ニッポン放送のニュースを再生後、再び「新型コロナウイルスのニュースを流して」などと話しかけると、厚生労働省のリンクが表示されるので、ニッポン放送のニュースを聞きながらWebの情報を検索・確認できる。

新型コロナウイルス Siriが聞き取っている時の画面(左)と、厚生労働省のリンク(右)

 ちなみに、Appleのスマートスピーカー「HomePod」でもニッポン放送のニュースを再生できる。ただし、HomePodはiPhoneやiPadのように画面は備えないため、情報表示には対応しない。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう