ニュース
» 2020年07月14日 15時34分 公開

ドコモと竹中工務店、建築現場のデジタル変革で提携

NTTドコモと竹中工務店は、建築現場の生産性向上を目的としたデジタル変革の共同検討に合意。情報伝達をデジタル技術で支援する他、生産プロセスの最適化を実現する。

[エースラッシュ,ITmedia]

 NTTドコモと竹中工務店は、7月14日に建築現場の生産性向上を目的としたデジタル変革の共同検討に関する合意を発表した。

NTTドコモ 建築現場のデジタル変革に向けた取り組みイメージ

 建設業界ではデジタル技術の活用が拡大する一方、生産の最前線である建築現場では個人のスキルやアナログなコミュニケーションに依存し、デジタル技術の活用は限定的となっている。そこで両社は、建築現場の人の活動や建築現場という協働の場での情報伝達をデジタル技術で支援。生産プロセスの最適化を実現するとともに、さまざまな業務データやバイタル、歩数、位置データなどのIoTデータを蓄積し、生産性の向上を目指す。

 具体的には、まず対面で行っていたコミュニケーションをデジタル技術で支援。従来の対面型・集合型の情報伝達にデジタル技術を活用し、時間や場所の制約を減らす。建築現場の安全活動をデジタル技術で支援し、作業員の安全意識や知識の向上など安全活動を活性化する。さらにスマートフォンを介して工程計画や進展、資材搬送情報などを異なる職種間でリアルタイムに共有して工程間の連携を強化する。

 情報の入手や記録などの活動支援では、時間や場所を問わず必要な情報にアクセスできるよう改善。工事を遂行する上で確実な実施が求められる段取りなどのタスクでは、手配漏れなどによる待ち時間の発生や工程遅延のない高効率な生産工程をサポートする。個人のバイタルデータなども蓄積し、健康状態や作業効率を本人にフィードバックして個人のパフォーマンスの持続的な維持・向上を実現するという。

 今後は各種ワーキンググループを設置し、竹中工務店が持つ建築現場の知見とドコモが持つIoTやAI、XRなどの知見を連携。建築現場の課題に対してソリューション持つスタートアップ企業などとも連携していく。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう