世界を変える5G
ニュース
» 2018年12月14日 20時55分 公開

KDDI・大林組・NECが5Gを活用した建機の遠隔連携作業に成功 災害時の安全なインフラ復旧を実証

KDDI・大林組・NECの3社が、5Gを活用して2台の建設機械を遠隔操作により連携させ、土砂の運搬をする実証実験に成功した。災害時でも短時間で遠隔操作の環境を構築し、社会インフラ復旧活動を迅速かつ安全に進められるようになることが期待される。

[エースラッシュ,ITmedia]

 KDDI、大林組、NECは12月14日、第5世代移動体通信技術(5G)を活用した建設機械(建機)の遠隔連携操作の実証実験に成功したことを発表した。

Photo 実証試験イメージ

 この実証試験は、大阪府茨木市で建設が進む「安威川ダム」の施工エリアの一部を使用して実施。バックホーとクローラーダンプという2台の異なる建機を遠隔操作で連携させ、土砂の運搬に成功した。

 それぞれの建機にはの前方に2Kカメラを3台、全天球カメラを1台搭載し、計8台のカメラ映像と音声情報を5Gでリアルタイムに伝送し、搭乗操作と同等の操作性提供を確認した。

 災害時に光回線を使用できない場合を想定して、今回の実験では5G基地局と遠隔操作室の約750m を無線エントランスで接続。5Gのバックホール(中計)通信として活用すると同時に、4台の俯瞰カメラの映像も伝送した。車載型の5G基地局を導入し、移動式のトレーラーハウス内に遠隔操作室を構築することで、災害現場でも短時間で遠隔操作を行える環境の構築が可能となり、復旧活動を迅速かつ安全に進められることを実証できたという。

 加えて、国内で初めてICT施工の現場に対話型の音声制御システムを導入し、音声のみで5Gを搭載した建機の遠隔操作に成功。1人のオペレーターで2台の建機を同時に操作可能となり、熟練した建設従事者の不足を補い、作業効率の向上に寄与できることも実証した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう