アイロボット「ルンバ」にAI機能が追加 「ソファの周りのみ掃除」「夕食後に掃除」などが可能に

» 2020年08月26日 22時25分 公開
[小山安博ITmedia]

 ロボット掃除機ルンバなどを開発するアイロボットが26日、「史上最大」と銘打ったソフトウェアアップデート「iRobot Geniusホームインテリジェンス」を発表した。個人のライフスタイルに合わせたパーソナライズされた清掃体験を提供するという。アップデートは26日から順次配信される。さらに今後、3カ月ごとにアップデートを配信していくという。

アイロボット 「史上最大のアップデート」が提供されるロボット掃除機「ルンバ」(右)と床拭きロボット「ブラーバ」

 アイロボットは創業30周年を迎えるロボット掃除機の最大手。ロボットの累計販売台数は世界で3000万台を超え、スマートフォンアプリと連携するコネクテッドデバイスとしてのロボットは690万台を販売している。

アイロボット アイロボットのルンバ

 日本ではロボット掃除機カテゴリーでシェア77.1%、掃除機カテゴリーでも「継続して10%以上」(アイロボットジャパン代表執行役員社長の挽野元氏)のシェアで、最新データでは11.1%のシェアとなっているそうだ。ルンバとブラーバの世帯普及率は6.6%で、2023年に普及率10%を目指す。

アイロボット アイロボットの現状
アイロボット 国内のシェア

 今回のアップデートが配信されるのは、同社のロボット掃除機「ルンバ」、床拭きロボット「ブラーバ」の無線LAN対応製品で、「どこ(Where)を、いつ(When)、どうやって (How)掃除するか」をパーソナライズして提供する。これによって、細かい掃除や突発的な汚れまでロボットが掃除してくれるという。

アイロボット iRobot Geniusの対応機種

 「どこ(Where)」では、業界初という物体認識清掃、部分清掃エリアの認識機能によって、掃除する場所を検出。ロボットAIの機械学習によってソファやテーブル、イスといった特定の家具を自動検出。「ソファの周りを掃除する」というピンポイントの清掃が可能になった。清掃エリアをアプリ上で手動設定することも可能で、汚れやすいところだけを部分的に清掃でき、毎回部屋全体を掃除しなくても済む。「進入禁止エリア」と組み合わせることで、より柔軟なコントロールが可能だ。

アイロボット iRobot HOMEアプリ。左は従来のアプリで、右が新バージョン。単なるボタンを配置したUIから、「ロボットに話しかけるように使える」(同社)というUI(ユーザーインタフェース)にした
アイロボット 掃除する場所を手動で選択も可能。これも家のマップを正確に認識していること、物体を認識できるからこそ可能になった
アイロボット
アイロボット 実際の見取り図と、ルンバが作成した掃除エリアのマップ。正確に室内を把握している
アイロボット いつも停止する場所があれば、そこを進入禁止エリアとして提案する
アイロボット 子供が食べ物をこぼしたらその場所だけ掃除する、という操作も簡単にできる

 「いつ(When)」では、お気に入り機能を搭載。複数の清掃パターンに名前を付けて、掃除する場所を簡単に設定できる。「夕食後」をお気に入り登録して、ダイニングテーブルとキッチンを洗濯しておけば、「夕食後」を指定するだけで設定した周辺をルンバで掃除して、最後にブラーバで拭き掃除する、という使い方ができる。

アイロボット iRobot vSLAMによって室内の状況を正確に把握する
アイロボット 新バージョンでは、テーブルやイスなどの家具を認識して、その配置も教えてくれる。対応する家具は今後増やしていくという
アイロボット 家具を認識するので、場所を指定してそこだけを掃除することもできる
アイロボット お気に入りに登録することで、1ボタンで任意の掃除エリア、掃除方法を指定できる

 スケジュールの提案機能もあり、「金曜日の夜にリビングを掃除する」「日曜日の夕食後にダイニングとキッチンに掃除機をかける」といったパターンを検出し、清掃スケジュールに追加するようアプリ上で提案してくれる。また、ホームIoT機器やアプリと連動して、「家から離れたらブラーバを起動する」といった設定も可能。現在、国内では子供の見守り・家族の位置共有アプリである「Life360」と連携しており、スマートフォンの位置情報で判断するという。

アイロボット スマートスピーカーでのコントロールにも対応する
アイロボット 普段の掃除の状況に応じてスケジュールの提案もしてくれる

 「どうやって(How)」では、毎回の清掃で学習を重ねてよりパーソナライズされた清掃方法を判断できるようになっており、配線の多い箇所で毎回ロボットが停止しているなら、そのエリアを進入禁止に設定するよう提案する、といった具合。位置情報とその地域の季節に適して判断し、花粉やアレルギーの季節、ペットの換毛期なども知らせて、清掃頻度の提案も行ってくれる。

アイロボット 季節などに応じた掃除の提案をしてくれる

 こうした新しいiRobot Geniusの設定は、デザインを一新したiRobot HOMEアプリから操作ができる。GoogleアシスタントやAmazon Alexaなどのスマートスピーカー経由での音声コントロールも可能だ。

 現在の新型コロナウイルスの影響で在宅時間が増え、家事負担が増加していると挽野社長は指摘。その中でも掃除の負担は重く、今回のアップデートで、「掃除は本当に(ロボットに)任せられる時代になる」とアピールする。

 iRobot Geniusのアップデートは今後2週間をめどに自動で配信される。iOS搭載端末であれば、iRobot HOMEアプリをApp Storeからインストールすることで、26日から利用可能になる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年06月22日 更新
  1. 「OPPO Reno11 A」速攻レビュー 4万円台の高コスパ、カメラの進化と急速充電対応がうれしい (2024年06月20日)
  2. マイナンバーカードを使った本人確認を手軽に デジタル庁が「デジタル認証アプリ」を公開 無料で利用可能 (2024年06月21日)
  3. IIJmioで“長期利用特典”を提供 「スマホ割引」「家族割引」「データ追加」を重視した狙い (2024年06月20日)
  4. スマホ充電レンタル、便利なのに大半の人が知らないワケ 「ChargeSPOT」の認知度向上に必要なこと (2024年06月21日)
  5. 楽天モバイル、約4.4万円で「OPPO Reno11 A」発売 1万2000ポイント還元も (2024年06月20日)
  6. モトローラが「moto g64 5G」を6月24日発売 おサイフケータイ付きで3万4800円 Y!mobile向けモデルも7月上旬以降に登場 (2024年06月20日)
  7. スマホをゲーム機に変えるコントローラー「Backbone One」を日本で本格展開する理由 (2024年06月20日)
  8. iPadに待望の「計算機」アプリ登場 そもそもなぜ純正の計算機アプリがなかったのか (2024年06月18日)
  9. KDDIはローソンと組んで何を仕掛ける? 携帯ショップの雇用問題解決にも? 株主総会で語られたこと (2024年06月19日)
  10. アンカー、USB Type-Cケーブル一体型の急速充電器+モバイルバッテリーに容量1万mAhモデルを追加 (2024年06月21日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー