ニュース
» 2020年09月09日 10時00分 公開

「Android 11」製品版登場 Pixelを含む複数メーカーのデバイスに配信開始

Android OSの最新バージョンが“製品版”となった。GoogleのPixelスマートフォン(Pixel 2以降)の他、OnePlus、Xiaomi、OPPO、realmeの一部スマートフォンを対象に9月8日(米国太平洋夏時間)から順次配信される。他のメーカーでも、一部機種で数カ月以内にバージョンアップが実施される予定だ。

[井上翔,ITmedia]

 Googleは9月8日(米国太平洋夏時間)、Android OSの最新バージョン「Android 11」の製品版をリリースした。同社の「Pixel 2」以降のPixelスマートフォンの他、OnePlus、Xiaomi、OPPO、realmeの一部機種を対象に、同日から順次配信を開始する。その他のメーカーの一部機種についても、数カ月以内に対応するという。

Android 11 Android 11

主な新機能

 Android 11における主な新機能や機能改善は以下の通り。前バージョンである「Android 10」の使い勝手を磨く方向性となっている。

  • Conversations(会話)カード:メッセージングアプリの通知をまとめて表示
  • Bubbles:特定の人物との会話へのショートカットを常時表示(Android版Facebook Messengerアプリの「チャットヘッド」と似た機能)
  • 画面録画の標準サポート(APIとしては実装されていたが、従来は制御用アプリが必要だった)
  • 電源メニューの拡充:「Google Pay」のNFCペイ/パスの選択パネルやスマートデバイスの制御パネルが表示可能に
  • メディアコントロールの刷新:音声出力先デバイスの変更が簡単に
  • Android Autoの機能改善:一部の車両、または車載デバイスでワイヤレス接続が可能に
  • 権限許可の拡充:「1度だけ許可」が追加され、長期間使っていないアプリへの許可を自動的に取り消し(リセット)するように
画面録画 OSのAPIとしては存在したものの、別途アプリが必要だった「画面録画」。Android 11ではOS側にユーザーインタフェース(UI)が用意されたため、追加のアプリが不要となった
Conversations Conversationsカードには、メッセージングアプリの受信通知がまとめて表示される。Priority(優先)設定やリマインダー設定もできる
電源メニュー 電源メニューでは、Google PayのNFCペイ/パス(搭乗券、クーポンなど)やGoogle Home対応デバイスの制御に関するパネルを置けるようになった

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう