今日から始めるモバイル決済
ニュース
» 2020年09月14日 14時15分 公開

口座登録済み非ドコモユーザーにも本人確認を実施 「ドコモ口座」の不正出金問題 被害総額は2542万円に(9月14日0時現在)

「ドコモ口座」を悪用した不正出金問題について、NTTドコモが改めて説明を行った。9月14日0時現在の被害総額は2542万円(銀行からの申告ベース)となり、追加対策としてドコモ回線とひも付けていないユーザーのうち、銀行口座からのチャージを利用する人に対する本人確認を実施することとなった。

[井上翔,ITmedia]

 NTTドコモは9月14日、同社の決済サービス「ドコモ口座」を悪用した銀行預金の不正出金の最新状況と、今後の対策について説明した。ドコモの携帯電話回線(契約)とひも付けていない既存ユーザーについても、今後口座からのチャージを利用する際に「eKYC(電子的方法による本人確認)」を実施することで本人確認を強化する。

今後の対策 今後の追加対策

被害状況と現状

 同日0時現在、11の銀行において120件、総額2542万円の不正出金が報告されたという。9月10日時点では12の銀行から被害報告があったとのことだが、精査の結果、1社についてはドコモ口座とは無関係であることが確認されたという。今回の報告で増えた54件のうち、1件は口座の新規登録を中止した後に発生した被害だ。

 さかのぼることができる限りにおいて最も古い不正出金被害は2019年10月に確認されたという。ドコモ口座(とd払い)の規約が変更されキャリアフリー化が行われたタイミング(2019年9月下旬)と近いことから、「ドコモ回線とひも付けずに作成したdアカウントでドコモ口座を開設し、Web口座振替の受け付けの本人確認が甘い銀行を狙った」という構図が浮かび上がる。

 (オート)チャージの登録に対応していた銀行のうち、22行では登録済み口座も含めて新規のチャージを停止している。チャージサービスを継続している銀行についても、先述の通り、ドコモ回線とひも付いていない場合はeKYCによる本人確認が完了しない限り新規のチャージは行えない。

 また、被害の申告に基づいて、不正利用が疑われるドコモ口座については一時的に利用を停止している。

被害状況 被害の最新状況
措置 不正チャージについて取った措置

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう