今日から始めるモバイル決済
ニュース
» 2020年09月17日 20時00分 公開

LINE Pay、一部銀行で口座登録時の「オンライン本人確認」を必須に

LINE Payが、銀行口座の連携をする際に、一部の金融機関でオンラインでの本人確認を必須にした。身分証を撮影した画像をアップロードする必要がある。決済サービスを通じた不正出金の実態が明らかになったことで認証を強化した。

[田中聡,ITmedia]

 LINE Payが、モバイル決済サービス「LINE Pay」にて、銀行口座の連携をする際に、一部の金融機関に関して、オンラインでの本人確認を必須にした。具体的には、身分証を撮影した画像をアップロードする必要がある。9月16日に運用を開始し、順次対応を進めている。

LINE Pay LINE Payの案内

 LINE Payでは、銀行口座を連携させる際に本人確認を必須としている。その方法として、「銀行口座の登録」か「オンライン本人確認(eKYC)」をユーザーが選べる。一定条件に当てはまるユーザーについては、銀行口座登録に加え、オンライン本人確認をお願いしていたが、その対象を広げる形となる。

 オンライン本人確認を必須とするのは、口座登録時に「口座番号、氏名、生年月日、暗証番号だけで認証を行っている金融機関」だが、具体的な機関名は公表していない。

LINE Pay (現在は新規登録を停止しているが)ゆうちょ銀行のように、簡易な認証を行っている金融機関が対象になる

 金融庁は資金移動事業者に対して、アカウントと銀行口座の連携方法に脆弱(ぜいじゃく)性がある場合、認証を強化することを要請しているため、金融機関側がLINE Payの措置を拒むことはできない。

 LINE Payはプレスリリースで「日々巧妙化する不正利用の実態や世の中のキャッシュレス決済に対する不安解消のため」と認証強化の背景を説明している。不正利用の実態とは決済サービスを通じた一連の不正出金を指す。「不正利用の実態が明らかになっているので、そちらを踏まえて強化した」(LINE Pay)

 実際、LINE Payもゆうちょ銀行経由で49万8000円の不正出金(9月15日時点)が起きており、現在ゆうちょ銀行からの新規登録やチャージは停止している。ゆうちょ銀行側も、LINE Payを含む全ての決済サービス事業者に対して2要素認証の導入を開始した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

過去記事カレンダー