速報
» 2020年10月09日 10時14分 公開

「Googleアシスタント」でAndroidアプリの操作が可能に 「ねえGoogle、Twitterでニュースをチェック」

Googleの音声アシスタント「Googleアシスタント」でAndroid端末のサードパーティ製アプリを操作できるようになった。対応するアプリはまだ30本程度だが、今後増える見込み。Twitterを開いたり、Spotifyでプレイリストを再生したりできる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは10月8日(現地時間)、音声アシスタント「Googleアシスタント」をサードパーティー製を含むAndroidアプリに対応させたと発表した。まずはTwitterやSpotifyなど、「米国のGoogle Play Storeのトップ30のアプリ」で利用可能だ。

 spotiry Android端末で例えば「ねえGoogle、Spotifyでモチベーションミックスを見つけて」ということでSpotifyのプレイリストを開始できる

 アプリを起動するだけでなく、例えば「ねえGoogle、Spotifyでモチベーションミックスを見つけて」と言うことでSpotifyで特定のプレイリストを再生したり、「Twitterでツイートする」と言うことでTwitterの新規投稿画面を開くことができる(筆者の環境では後者の命令でTwitterのタイムラインが表示された)。

 米Droid Lifeによると、現在Citi、Dunkin、Paypal、Wayfair、Wish、Uber、Yahoo! Mail、Nike Adapt、Nike Run Club、Spotify、Postmates、Grubhub、MyFitnessPal、Mint、Discord、Walmart、Etsy、Snapchat、Twitter、YouTube、Google Maps、Instagram、Twitch、BestBuy、Cartoon Lensが対応している。

 なお、日本ではLINEがすでにGoogleアシスタントに対応している。

 shortcuts ショートカット作成画面

 さらに、よく使う命令をショートカットにする機能も発表した。例えば「Nike Adopt」アプリでシューズのフィット感を調整する際、「Hey Google, tighten my shoes with Nike Adapt」と言う代わりに「Hey Google, lace it」というショートカットを登録しておけば、より簡単に操作できる。

 ショートカットを登録するには、Google Homeアプリを起動し、[アシスタントの設定]→[サービス]タブ→[ショートカット]を開き、「探す」タブにアプリ名が表示されれば、そのアプリのショートカットを作成できる(筆者はTwitterやYouTubeなど、対応するアプリをインストールしている端末でもアプリは表示されなかった。発表文には明示されていないが、今のところ米国のみの機能なのかもしれない)。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう