5Gが創出する新ビジネス
ニュース
» 2020年10月16日 11時05分 公開

京セラ初の法人向け「5Gコネクティングデバイス」、台数限定で販売開始

京セラは、さまざまな機器を5Gネットワークにつなげる法人向け「5Gコネクティングデバイス」を開発し、10月中旬から台数限定で販売。有線・無線問わず接続可能で、エッジコンピューティング可能なCPUを搭載している。

[エースラッシュ,ITmedia]

 京セラは、さまざまな機器を5Gネットワークにつなげる法人向け「5Gコネクティングデバイス」を開発。同社初の5G対応通信機器として10月中旬から台数限定で販売し、本格販売は2021年春以降を予定する。

京セラ 5Gコネクティングデバイス

 本製品はUSB Type-C、Wi-Fi(Wi-Fi6対応)、Bluetoothなどの有線・無線での接続が可能。変換アダプターの利用でHDMIやRS232C、有線LANポートとも接続でき、4Gネットワークを利用したNSA(ノンスタンドアローン)方式と5G単独のネットワークSA(スタンドアローン)方式の双方に対応する。また、デュアルSIMで公衆網/ローカル網の双方で利用することも可能だ。

 エッジコンピューティングできるCPUを搭載し、デバイス単体でデータ処理やフィードバックができるため、クラウドへの負荷を低減できる。高負荷環境下でも安定して通信できるよう、排熱構造と冷却ファンを採用。GPSやGLONASSなど5つの位置測位システムとA-GPSに対応している。

 サイズは約78(幅)×159(高さ)×27(奥行き)mm、重量は約348g。ディスプレイは2.6型で6000mAhのリチウムイオンバッテリーを備える。Wi-Fi同時接続数は20デバイス。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

過去記事カレンダー