レビュー
» 2020年12月14日 13時00分 公開

買い替えは「iPhone 12」がベスト! 12 Proを買った筆者が後悔した理由(4/4 ページ)

[島徹,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4       

「ProRAW」は、RAW撮影・編集アプリを利用している人向け

 2020年内に対応予定の「ProRAW」撮影は、既にiPhoneでLightroomやHalide、Procam、VSCOなどRAW撮影やRAW編集アプリを活用し、撮影や編集に手間をかけてでも写真の品質を追求している人にとっては注目すべき機能です。カメラのセンサーが撮影時に取得した情報を大容量のファイルに保存し、編集の幅を広げてくれます。

iPhone 12 ProRAW撮影対応は、近くiOSのアップデートで提供予定

 ただ、スマホの写真撮影は撮ってすぐアップが重要という人にとっては重要性のない機能です。また、RAW撮影が必要なほどカメラ画質にこだわるなら、センサーサイズの大きい12 Pro Maxの購入も選択肢に入れた方がいいでしょう。

Dolby Vision 4K HDRの60fpsは期待しない方がいい

 「Dolby Vision 4K HDR」の60fps撮影も、これ目当てにiPhone 12 Proを買うべき人は非常に限られます。まず、iPhone 12とiPhone 12 Proの動画撮影設定は「Dolby Vision 4K フルHD」の30fpsです。大半の人はこのままの設定で問題ありません。画質の保存容量のバランスが取れた設定内容です。用途によってはHDRをオフにしてもいいでしょう。

 動画の保存容量が大きくなっても画質を求めるなら、Dolby Vision 4K HDRという選択肢もあります。iPhone 12では24fps(映画撮影向け)、30fps(主にネット動画向け)を選べます。さらに、iPhone 12 Proでは保存容量がさらに多くなりますが60fpsも選択できます。ただし、60fpsだとシャッター速度が速く光を取り込めない分、カメラの高感度撮影性能がより重要になります。

 では、iPhone 12 ProのDolby Vision 4K HDRの60fps撮影はというと、HDRが生きる薄暗い夕焼けですら60fpsだとノイズが非常に多く、4Kで撮る意味がほぼありません。なお、30fpsや24fpならある程度見栄えのする映像を撮れます。

iPhone 12 iPhone 12 ProのDolby Vision 4K HDR 60fpsで撮影したものを、非HDRの画面で見やすいようDaVinci Resolveを使い静止画として出力。夕景だが全体がノイズと暗さでつぶれており、4Kで撮る意味がないほど粗い
iPhone 12 iPhone 12 ProのDolby Vision 4K HDR 30fpsで撮影したものを同様に出力。この設定ならiPhone 12でも撮れる。明るくノイズは少な目、奥の鉄橋もしっかり描けている

 本当にiPhone で4K HDRの60fps撮影が必要な人や、映画撮影の勉強用途で望遠も欲しいならiPhone 12 Proを選ぶ理由は非常に微妙です。どうしてもiPhoneで撮りたいなら、約1万円ちょっと足すだけで買える、センサーの大きいiPhone 12 Pro Maxを選ぶべきです。

基本はiPhone 12がオススメ、iPhone 12 Proはカメラを徹底活用できる人向け

 ここまでiPhone 12とiPhone 12 Proの差を紹介してきました。

 筆者としては、今回のiPhone 12は近年の重いiPhoneから脱却し、高性能かつ軽量で使いやすくなったおススメできる製品です。発表時は最小最軽量のiPhone 12 miniもあり話題になりづらかったですが、実際に触って買う段階になると、価格と画面サイズや軽さ、性能のバランスの良さが見えてくるモデルといえます。

 ではiPhone 12 Proをオススメできる人はというと、まずは従来iPhoneで望遠カメラを積極的に活用している人です。わざわざ非搭載のiPhone 12を選ぶ必要はありません。また、LiDARスキャナーを使ったARアプリに興味がある人もiPhone 12 Proは買いでしょう。これら目的がはっきりしているなら、少々重くてもiPhone 12 Proの方が満足できるでしょう。

 ただ、Dolby Vision 4K HDRの60fps撮影を目的にiPhone 12 Proを買うのはオススメしません。この機能が本当に必要なら、広角カメラのセンサーが大きいiPhone 12 Pro Maxを買うべきです。ProRAWについてはさらに、iPhone 12 Pro Maxの方が大画面で解像度が高く編集に便利です。

 iPhone 12とiPhone 12 Proは同じ形状で価格差が約1万5000円なら、高機能そうなiPhone 12 Proがお得と思ってしまいがちです。ですが、実は普段使いの快適さにかなりの差があります。もし両機種で迷っているなら、まずは一度両方の持ち心地や操作性をじっくり比べてから購入するのがオススメです。

前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう