ニュース
» 2021年06月08日 05時37分 公開

「iOS 15」発表、「FaceTime」で招待やコンテンツ共有が可能に 「通知」のフィルター強化も

AppleがWWDC21で「iOS 15」を発表した。2021年秋にリリースする予定。「FaceTime」を拡張し、指定した日時にユーザーを招待したり、コンテンツを共有したりできる。時間帯ごとに、ユーザーの行動と関連性の高い「通知」のサマリー表示も可能になる。

[田中聡,ITmedia]

 米Appleが6月7日(現地時間)、オンラインで開催した開発者向けカンファレンス「WWDC21」にて、iOSデバイス向けの新OS「iOS 15」を発表した。デベロッパー向けのβ版を同日に、7月にはパブリックβ版、2021年秋に正式版をリリースする。

 iOS 15はiPhone 6sやiPhone SE(初代)以降のモデル、iPod touch(第7世代)で利用できる。

iOS 15 2021年秋に「iOS 15」がリリースされる

 ビデオ通話アプリ「FaceTime」の機能を拡張し、複数のユーザーがより手軽に参加できるようになる。ZoomやMeetのようにFaceTimeのリンクを作成でき、カレンダーに登録して他のユーザーを招待することもできる。AndroidやWindowsのユーザーも、送信されたリンクからブラウザ経由でFaceTimeの会話に参加できる。簡易的なオンライン会議にも活用できそうだ。

iOS 15
iOS 15 FaceTimeのリンクを作成して招待できる
iOS 15 iOS以外のユーザーもブラウザから参加できる

 グリッドビューで参加者をタイル状で表示し、誰が発言しているかがハイライト表示される。ノイズアイソレーションによって周囲の雑音を抑える、ポートレートモードで人物の背景をぼかすといったことも可能になる。

iOS 15 参加者のグリッド表示にも対応

 「Share Play」機能も導入し、再生している音楽や動画のコンテンツを、FaceTimeの参加者と一緒に楽しめる。このShare PlayのAPIを提供し、サードパーティーのストリーミングサービスに導入できる。まずは「Disney+」「Hulu」「twitch」などがShare Playに対応する。他にブラウザや写真など、画面の共有も行える。

iOS 15 FaceTime上でコンテンツの共有も可能に

 「メッセージ」アプリの機能を拡張し、「Shared with You」に対応するアプリで共有したコンテンツから、直接返信できるようになる。写真、Safari、Apple News、Apple Music、Apple Podcast、Apple TVのアプリが対応しており、共有された写真や音楽、Webサイトのリンクなどから返信できる。

iOS 15 共有されたコンテンツから返信が可能に

 「通知」機能では、アドレス帳に登録した人物の写真やアプリアイコンなどを大きく表示して視認性を向上させた。朝や夜などの時間帯ごとに、通知のサマリーをまとめて配信し、ユーザーのアプリの使い方に基づいて、関連性の高い通知を上部に表示する。

iOS 15 通知の表示改善やサマリー表示が可能に

 通知や利用アプリを絞り込める「集中モード」も用意する。「おやすみモード(Do Not Disturb)」「パーソナル」「ワーク」「スリープ」といったステータスごとに通知を許可する人や、表示するアプリを決定できる。あるいは端末が提案した集中モードを利用することもできる。例えばワークに設定しているときは、プライベートな通知が来ないようにしたり、仕事に関係のないアプリを非表示にしたりできる。通知をブロックしている場合、自分のステータスは送信者のメッセージアプリに表示され、今メッセージを送っても通知されない旨が表示される。

iOS 15 通知のフィルターをかけるためのステータスを選ぶ

 カメラ機能には「Live Text」機能を導入し、カメラアプリで撮影したホワイトボードや手書きメモなどからテキストを選択してコピー&ペーストできるようになる。撮影した写真からもテキストを認識できる。例えばレストランの店名からそのレストランの詳細を調べたり、電話番号から直接電話発信したりできる。さらに、犬や花の種類を調べることもできるという。

iOS 15 テキスト読み取り機能の「Live Text」

 Live Textは英語、中国語、フランス語、イタリア語、ドイツ語、スペイン語、ポルトガル語をサポートしており、日本語は現時点では対象外。また、利用できるのはA12 Bionic以降のプロセッサを搭載した機種に限られる。

 Spotlight機能では、写真に含まれるテキストや、アーティスト、俳優などの情報も検索できるようになる。人物を検索すると、共有したリンクや写真(のサムネイル)、直近の会話などが表示され、その人とやりとりした内容を一覧できる。

iOS 15 改善された「Spotlight」機能

 「写真」アプリで、特定の場所や期間の写真を自動でまとめてくれる「メモリー」の表示方法をブラッシュアップ。BGMにApple Musicの音楽を設定できるようになり、手動で楽曲を選べる他、再生履歴から自動で選択させることもできる。

iOS 15 新たな写真の「メモリー」

 「Safari」の表示方法も一新する。タブバーが画面下部に表示された状態で左右にスワイプすることで、タブを切り替えられる。テーマごとにタブグループの作成もできる。

iOS 15 Safariのタブバーが下部に表示される

 「地図」アプリは3D表示や夜間表示が可能になり、ランドマークも独自にデザインしている。ただしこちらは日本は現時点では対象となっていない。

iOS 15 マップの3D表示が可能になる

 米国では2021年後半に、Walletアプリに運転免許証やstate ID(身分証)を格納して、iPhoneを身分証明書として利用できるようになる。

iOS 15 運転免許証をWalletアプリに格納できる

 「天気」アプリは、天候のアニメーションがよりグラフィカルなものになり、太陽の位置や降水量などの詳細な情報も分かる。雨や雪が降り始めた、やんだタイミングで通知も行う。

iOS 15 ビジュアルを改善して情報量の増した「天気」アプリ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう