ニュース
» 2021年07月09日 19時27分 公開

「dアカウントの一時的な利用停止」のフィッシングメール ドコモが注意喚起

NTTドコモは、同社を装った「dアカウントの一時的な利用停止」に関するフィッシングメールについて注意喚起を行った。dアカウントのIDやパスワードなどの個人情報の入力を求められる事例が報告されている。

[エースラッシュ,ITmedia]

 NTTドコモが、同社を装った「dアカウントの一時的な利用停止」に関するフィッシングメールについて注意喚起している。

 メール本文中に記載されたリンク先にアクセスすると、dアカウントのIDやパスワード、クレジットカードや銀行口座情報などの個人情報の入力を求められる事例が報告されている。不審なメールを受信した場合はメールを削除し、リンク先にはアクセスしないよう呼び掛けている。

NTTドコモ メールの例

 同社からdアカウントの利用停止に関する通知を行う場合、同社の回線契約があるユーザーにはメッセージRまたはSMSからのみ、回線契約がないユーザーは「spmodemsgr@wdy.docomo.ne.jp」からメールで送っている。

 同社ではdアカウントへの不正アクセス防止のため、生体認証などを利用したパスワード無効化設定、アプリでのログイン可否やセキュリティコードの入力を必要とする2段階認証の設定、第三者から推測されにくく見つからない適正なIDおよびパスワードの設定と管理を推奨している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう