ニュース
» 2021年07月14日 12時00分 公開

AppleがiPhone 12シリーズで使える「MagSafeバッテリーパック」を発売 1万1800円(税込み)iOS 14.7以降が必要

Appleが、iPhone12シリーズのMagSafeに対応するバッテリーパックを発売する。利用にはiOS 14.7以降が必要なので、近日中にアップデートが行われるものと思われる。

[井上翔,ITmedia]

 Appleは7月14日、オンラインのApple StoreでiPhone 12シリーズで利用できるモバイルバッテリー「MagSafeバッテリーパック」の販売を開始した。税込み価格は1万1800円だ。7月14日現在、配送日は「7月20日から22日」となっている。

MagSafeバッテリーパック MagSafeバッテリーパック

 MagSafeバッテリーパックは、その名の通り「MagSafe」を使ってiPhone 12シリーズの背面に取り付けて使う。Appleは「コンパクトで直感的に使えるデザイン」としている。

 充電はLightningケーブルを接続して行う。Lightningケーブルをつないでいる間は、最大15W出力のワイヤレス充電器としても利用可能だ。接続する充電器(ACアダプター)は20W以上の出力のものが推奨されており、27W以上のものと組み合わせると充電速度が速くなる。

背面 背面
イメージ iPhone 12 mini(左)、iPhone 12(右)に取り付けた際のイメージ

iPhone 12シリーズはOSの更新が必要

 MagSafeバッテリーパックを利用するには、iOSのバージョンを14.7以降にする必要がある。iOSの現行バージョンは14.6なので、近日中更新が行われるものと思われる。

注意 サポートサイト(現時点では英語)によると、MagSafeバッテリーパックを利用する場合はiOS 14.7以降が必要だという

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう