ニュース
» 2021年01月25日 17時47分 公開

iPhone 12やMagSafe製品はペースメーカーから15cm以上離して Appleが注意喚起

AppleがiPhone 12シリーズやMagSafeアクセサリーに関してサポートページで注意喚起。ペースメーカーや除細動器などに影響を与える恐れがあるという。これらの機器から、iPhone 12やMagSafe対応アクセサリーは15cm以内に近づけないよう呼び掛けている。

[田中聡,ITmedia]

 Appleが1月25日、iPhone 12シリーズやMagSafeアクセサリーに関してサポートページで注意喚起を行っている。

 磁石によってケースや充電器などを取り付けるMagSafeに対応したiPhone 12シリーズは、磁石の内蔵量が増えたが、以前のiPhoneより医療機器への磁気干渉リスクが高まることは予測されていないとしている。しかし、「植え込み型のペースメーカーや除細動器などの医療機器に内蔵されているセンサーが、磁石や無線送信機が近づくと反応する場合がある」という。またMagSafe対応アクセサリーも同様に、医療機器に干渉する恐れがあるとしている。

 そこで同社は、iPhone 12シリーズやMagSafe対応アクセサリーをペースメーカーなどに近づけず、15cm以内、またはワイヤレス充電時には30cm以内に近づけないよう呼び掛けている。

 使用している医療機器に関する具体的な情報、iPhoneやMagSafe対応アクセサリーとの間で一定の距離を保つべきかどうかは、「かかりつけ医や医療機器メーカーにお問い合わせください」としている。

Apple Appleの告知
MagSafeデュアル充電パッド iPhoneやApple Watchなどをまとめてワイヤレス充電できる「MagSafeデュアル充電パッド」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう