レビュー
» 2020年11月19日 06時00分 公開

MagSafe充電は期待外れ? iPhone 12を150%速く充電する裏技まで徹底レビュー (1/5)

ワイヤレス給電ができる「MagSafe」。iPhone 12シリーズを買うときには欲しくなるアイテムだ。実際に購入して使い勝手を調べてみた。

[島徹,ITmedia]

 iPhone 12シリーズを買う際、一緒に欲しくなる注目の周辺機器といえば、「MagSafe充電器」でしょう。

MagSafe Apple製「MagSafe充電器」。小型のワイヤレス充電器で、上にiPhone 12シリーズなどを載せて充電できます

 MagSafe充電器は、iPhone 12シリーズと同時に発表・発売された、磁石で取り付けられる周辺機器規格「MagSafe」対応のワイヤレス充電機です。充電パッド部がiPhone 12シリーズの背面に吸着し、充電パッドがズレることなく確実に充電できるのが利点です。

MagSafe iPhone 12シリーズで利用する場合、MagSafeの磁石によって背面に吸着。最大15W(miniは12W)で充電できます

 さらに、iPhone 12シリーズ充電時の供給電力が最大15Wにアップ(iPhone 12 miniは12W)。従来のiPhoneのワイヤレス充電は最大7.5Wと比べ2倍になります。これにより、ワイヤレス充電の欠点である、充電速度の遅さの改善が期待されます。

 筆者も実際にMagSafe充電器を購入して試したのですが、何も考えずフル充電して3時間半近くかかるなど、最大15Wというにはかなり遅いという印象。有線20W充電と比べ2倍以上の遅さです。発表内容やワイヤレス充電の特性からある程度遅いとは予測はしましたが、4400円と安くはない製品だけに、ここまで期待外れだと腹の虫が治まりません。

MagSafe MagSafe充電器でより速く充電できないか、さまざまな方法で充電速度をテスト

 そこでこの記事では、MagSafe充電器の充電速度を徹底チェック。その結果、少しの工夫で150%速く充電できた方法も紹介していきます。

MagSafe充電器の特徴をチェック

 まずは「MagSafe充電器」について紹介しましょう。価格は税込み4400円で、パッケージに入っているのはワイヤレス充電器のパッドのみです。実際に最大15Wで充電するには、別途USB Type-C端子を搭載したUSB PD対応の充電器が必要です。

MagSafe MagSafe充電器(4400円)の内容物は、充電パッドとその他説明書類のみ。利用するには別途、USB Type-C端子の充電器が必要です

 また、MagSafe充電器の発売後、早々にAppleが製品説明を追加。1つは、iPhone 12 miniで利用する際の供給電力は最大12Wにとどまること。もう1つが、Appleが販売するMagSafe対応レザーケースを装着して充電すると、円形の跡が残ること。iPhone 12 miniやレザーケースのユーザーは注意する必要があります。

MagSafe AppleはMagSafe対応レザーケースの説明文と画像に、MagSafe充電器を利用した際にわずかな跡がつく件について記載。シリコーンケースまたはクリアケースの利用を勧めている

 実際の使用感ですが、iPhone 12 Proが裸の状態では磁石でしっかりと吸着します。ただ、最適な状態で充電できるのは便利ですが、取り外す際に充電タップ部をつかんで外す手間が増えました。人によっては、Lightning端子の着脱と手間が変わらないと感じるかもしれません。

 なお、横着してケーブルを引っ張ってMagSafe充電器を取り外すのはやめましょう。ケーブルがかなり細く、短期間で破損する可能性が高いからです。軽い力で外したい場合は、iPhoneに非純正の薄い樹脂製ケースを付けて、磁石の吸着を和らげるのが無難でしょう。

       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう

アクセストップ10