ニュース
» 2021年10月08日 18時41分 公開

実は課金されていた……国民生活センターがサブスクの請求トラブルに注意喚起

国民生活センターは、定期的に定められた料金を支払う「サブスクリプション」(以下、サブスク)に対する注意喚起を発表した。

[作倉瑞歩,ITmedia]

 国民生活センターは、定期的に定められた料金を支払う「サブスクリプション」(以下、サブスク)に対する注意喚起を発表した。

国民生活センター サブスクリプションのイメージ(国民生活センターのリリースより)

 サブスクは一定期間、商品やサービスを利用することができるサービスのことを言うが、一般的に一度契約をすると、解約しない限り自動的に支払いが継続される。

 国民生活センターと全国の消費生活センター等をオンラインネットワークで結び、消費生活に関する相談情報を蓄積しているデータベースである「PIO-NET」(パイオネット:全国消費生活情報ネットワークシステム)を見ると、全国の消費生活センターには、サブスクに関する相談が、2021年度以降、毎月500件程度寄せられているという。店舗における申し込みもあるが、インターネット上での申し込みが多く、中には契約内容等を正しく認識していないまま契約し、請求に気づいてトラブルになるケースもみられる。こうしたサブスクについては、Webサイトのバナー広告などで見たことがある人も多いだろう。

 サブスクの契約では、お試し期間として、無料でサービスを受けられることがある。無料期間中に解約しなければ、有料プランに自動で移行し、1カ月や1年など定期的に決まった料金が引き落とされる。サブスクで提供されるサービスの例として、動画配信、音楽配信、レンタル、学習教材、専門家相談、外食などがある。

 サブスクはPCやスマートフォンを使ってインターネット上で契約できる。申し込み画面では、クレジットカード番号の入力を求められることがある。また、「無料期間を過ぎて解約されない場合には、自動的に有料プランに移行する」ことや、有料プランの開始日など、契約条件が表示されている。

 サブスクの契約のポイントは、契約中はサービスを受けられる他、利用していなくても料金が発生することにある。また、解約しない限り契約は自動で更新されるため、支払いも続く。

 相談の事例としては以下のようなことがある。

  • 【事例1】:メーカーの公式サイトと勘違いして有料質問サイトを利用し、月額料金を請求された
  • 【事例2】:動画配信サービスの解約を忘れ、利用していないにもかかわらず代金を請求された
  • 【事例3】:通販サイトの有料会員に登録したメールアドレスが分からず、解約できない
  • 【事例4】:1週間の無料体験のためにダイエットトレーニングアプリをダウンロードした後、退会したと思っていたら継続課金になっていた

 相談事例から見ると、サブスクがどのような契約かを正しく理解していない、契約内容や契約先の事業者を誤って認識している、無料期間中に解約手続きを忘れていた/解約方法が分からず無料期間中に解約手続きができなかった、解約したつもりが、解約できていなかったといった問題がある。

 このため、「無料体験」「無料トライアル」の広告・表示をきっかけにサブスクを申し込む際には、契約条件をよく確認してから契約するようにしたい。また解約する場合は、事業者の公式ホームページなどで手続き方法を確認しておこう。申し込む前に、契約の相手方の事業者名、サービス内容、解約方法を確認することだけでなく、申し込み時の登録情報は解約手続きに必要になりますので忘れないようにしておきたい。また利用していないサブスクの支払いがないか、クレジットカード等の明細は毎月確認する必要があるだろう。

 サブスクのケースで不安に思った場合や、トラブルが生じた場合は、すぐに最寄りの消費生活センターなどへ相談しよう

  • 消費者ホットライン「188(いやや!)」番

 これは、最寄りの市町村や都道府県の消費生活センターなどを案内する、全国共通の3桁の電話番号となっている。

国民生活センター

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

過去記事カレンダー