レビュー
» 2005年12月21日 11時00分 公開

マウス:メール/IM着信を知らせるレーザーマウス──ロジクール「MX610 Laser Cordless Mouse」 (2/5)

[石川ひさよし,ITmedia]

エルゴノミクスデザイン+レーザー+2.4GHz+多ボタン、そして双方向通信

 MX-610のマウス本体の形状から見ていこう。本体形状はロジクールお得意のエルゴノミクスデザインに基づくもので、計7ボタン仕様となっている。左右非対称の形状のため基本的に右利きユーザー用となってしまう点は致し方ない。親指の付け根から指先にかけては、上から見るとS字にえぐったような形状となっており、ここはラバータッチに似た手にしっくりくる塗装が施されている。

photo 滑らかなS字型のデザインの上面(左)、本体左側に人差し指・親指で操作可能な各種オプションボタンやLEDボタンを供える(中、右)、ホイールは左右方向への操作も可能なチルトホイールプラスズーム機能を備える(右)

 そしてマウスの上面に相当する手のひら(のやや右側)に包まれる部分は後ろにつれてなだらかな傾斜が付いている。ちょうどマウス上面中央の位置する左右クリックの付け根部分にはバッテリー残量インジケーターが配置されている。

 また通信範囲で約10メートルとなる2.4GHz帯無線方式を採用しており、レシーバーはよくあるUSBメモリほどのコンパクトなものとなっている。なお、とくにモバイルを意識したマウスではないために、よくあるモバイルマウスのように本体に収納するといったことはできないが、本体の電池設置スペースに電池を抜いて格納することは可能。そんなことどうでもいいことだが、それだけレシーバーが小さいということがお分かりいただけるかと思う。

 ホイール機能には横スクロールも可能なチルトホイールプラスズーム機能を備える。ホイールクリックに加え、左右のチルト操作時は横スクロールだけではなく、それぞれ1つの機能として割り当てることもできる。マイクロソフト製マウスと比較してクリック/ホイールともに1動作ごとカチッとはっきりした感覚があるもので、ロジクール製マウスの特徴は今製品でも引き継がれている。

 左クリックボタンの横には、小さな3つのボタンが備わっている。この一連のボタンにはデフォルトで、音量アップ/ダウン、ミュートが割り当てられており、もちろんユーティリティツールにより設定は変更できる。

photo デフォルトではボリューム系操作に割り当てられている左クリックボタン横の3ボタン。最大10メートルの通信距離となる2.4GHz帯無線を採用するため、AVセンター的PC使用時など、やや離れた場所からボリュームコントロールが可能

オプションボタンが豊富。任意割り当ても可能

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう