Clap Your Hands !?Weekly Access Top10

» 2006年03月08日 03時30分 公開
[田中宏昌,ITmedia]

金メダルを手にしたのは、新Mac miniのバラシ記事でした。

 3月1日、日本でも発表と同時に発売が開始された新Mac mini。インテル製CPUの搭載や従来機に比べ約2.5〜5.5倍も速くなったなど、何かと話題を振りまいています。すでにインタビュー記事も掲載されるなど、しばらく人気は続きそうです。

 ところで、このところ分解ネタに目覚めた感のあるPCUPdateですが、みなさんいかがでしょう。キチンとした製品をバラバラにするとは何事かと、目くじらを立てる方もいらっしゃると思いますが、やっぱり気になりませんか、中身が。これまでと同じサイズの小型ボディに、インテルのCPUやチップセットを詰め込んだ新Mac miniの中身はいったいどうなっているのかと。同じことはThinkPad X60同T60にも当てはまります。

 そのような純粋な気持ちから新Mac miniを分解してみましたが、グラフィックスコア統合のチップセットにIntel 945GMではなく、より描画性能を強化したIntel 945GTを採用しているのがわかるなど、予想外の「収穫」がありました。なぜIntel 945GTなのか、パフォーマンスへのこだわりなのか、製造ロットによって違うのか、あるいはCore Imageへの対応なのかと、深読みをさせてくれるのがいかにもアップル製品らしく、ドライバーを握りながら微苦笑させられてしまいました。

 これらの分解記事と並んで、個人的に非常に気になっているバンドがあります。昨年米国でデビューしたばかりの「Clap Your Hands Say Yeah」です。レコードやCDのジャケ買い(中身を全く知らず、ジャケットだけを見て買ってしまう衝動行為)ならぬ、バンド名買いをしてしまったのです。人を食ったバンド名をはじめ、やる気のなさげなジャケットもポイントでしょう。意味不明な歌詞や投げやりな歌い方は初期R.E.M.を彷彿とさせるもの。最後の曲も終わりが唐突で期待に応えてくれます。思わず深読みしたくなりますが、彼らのインタビュー記事を読む限り、それはどうやら無駄なようです。

 そう、何事も深読みは避けたいものです。仕事も遊びも。直近では、3月9日にCeBITでお披露目されると言われているMicrosoftの「Origami Project」が深読みしたくなる対象ですが、果たしてその実態はどうなのでしょうか。思わず「手を叩きたくなる」ブツだとよいのですが。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年05月30日 更新
  1. 約3万円台半ばでペン付きのAndroidタブレット「Lenovo Tab M11」を試す コンテンツ消費には十分なスペック (2024年05月28日)
  2. 税込み5万8800円で買える「10.9インチiPad(第10世代)」の実力を最新iPad Proユーザーが改めてチェックした (2024年05月29日)
  3. パスワードの「定期的な変更は不要」だが注意点も 総務省がサイバーセキュリティサイトで呼びかけ (2024年05月28日)
  4. 総務省がCHUWI(ツーウェイ)を「行政指導」 一部モデルで認証の取得漏れなどが判明 当該機種では「5GHz帯Wi-Fi」は使わないように (2023年04月13日)
  5. まるで“化粧品”な見た目だけじゃない! エレコムのガジェット新ブランド「ILMF」を使って分かったこと (2024年05月28日)
  6. Socket AM5対応の小型ベアボーン「DeskMini X600」がデビューで即ヒット! (2024年05月27日)
  7. 直販では64GBメモリモデルも! パナソニック コネクトが店頭向け「Let's note FV5」にCore Ultra搭載の新モデルを投入 (2024年05月28日)
  8. デル、個人向け/ビジネスPCを特価で提供する「EARLY SUMMERセール」を開始 (2024年05月28日)
  9. マウス、約969gの軽量筐体を採用したCore Ultra搭載14型モバイルノート (2024年05月29日)
  10. 無料で使える「Chrome OS Flex」! どの程度使えるのかを試した (2022年08月10日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー