中国でFounderの「インテル入ってる」UMPCを買ってしまいました(前編)山谷剛史の「アジアン・アイティー」(3/3 ページ)

» 2006年05月09日 11時20分 公開
[山谷剛史,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

ここが気になるFounderのUMPC

 FounderのUMPCを短期間ながら使ってみたが、これまで気になったところをまとめてみた。

 まず、製品を落とさないためのストラップ穴や専用ポーチなどが一切ないこと。本体裏にゴム足があるものの持って使うときに落下を防止する仕掛けが用意されていないのだ。本体の大きさはVAIO type Uよりもひとまわり大きくそして重い。だから片手で持つのはVAIO type Uよりリスキーだ。何もないと使っていて不安を感じてしまう。

 評価作業中にバッテリー駆動でビデオを30分ほど再生したあとにシステムの設定をいろいろ試していたら1時間40分でバッテリーが切れてしまった。中国ならば飛行機で大都市間の1フライトにかかる時間も持たないことになる。乗車時間十数時間以上が当たり前の列車や長距離バスでは移動の中の一瞬しか利用できない。

 気になる発熱はずっと稼動させていると火傷をするほどではないがだいぶ暖かくなる。少なくともVAIO type Uよりは熱い。

 中国におけるPCのキラーソフトはチャットソフト「QQ」だ。最近は空港の待合室や電車のグリーン車の中で大きなA4ノートを起動しQQでチャットしているユーザーも多い。マイクとスピーカー、Webカメラを内蔵しているので、Mininote1つでビデオチャットが可能。とはいえ、無線LANが禁止されている病院や飛行機内でMininoteを使うことも想定して、無線LANとBluetoothのオンオフができるスイッチが欲しかった。

 また音楽コンテンツや映像コンテンツが(ある意味)どこでも安価で入手できる中国では、PCは(デスクトップPCですら)ミュージックプレーヤーやビデオプレーヤーとして常用されている。UMPCならなおさらポータブルオーディオ・ビデオプレーヤーとして使われるだろう。MininoteにはWindows Media Player用コントローラーボタンと音量調節ボタンが本体に用意されているので、プレーヤーとして使うには便利だ。

 VAIO type Uユーザーの筆者にとって、FounderのUMPC「Mininote」のハードウェアは「VAIO type Uをものすごく意識しつつ、バイオ UやLibretto ffのテイストをミックスして、さらに中国人向けのデザインが施されたUMPC」と評価できる。

 次回は、UMPCの操作性を左右するユーティリティを中心にMininoteをさらに検証していく。

VAIO type Uと比べるとこんな感じ。UMPCといえどなかなか大きい
前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年05月29日 更新
  1. 約3万円台半ばでペン付きのAndroidタブレット「Lenovo Tab M11」を試す コンテンツ消費には十分なスペック (2024年05月28日)
  2. まるで“化粧品”な見た目だけじゃない! エレコムのガジェット新ブランド「ILMF」を使って分かったこと (2024年05月28日)
  3. Socket AM5対応の小型ベアボーン「DeskMini X600」がデビューで即ヒット! (2024年05月27日)
  4. パスワードの「定期的な変更は不要」だが注意点も 総務省がサイバーセキュリティサイトで呼びかけ (2024年05月28日)
  5. MINISFORUM、Ryzen 9+Radeon RXを搭載したミニゲーミングデスクトップPC (2024年05月27日)
  6. 直販では64GBメモリモデルも! パナソニック コネクトが店頭向け「Let's note FV5」にCore Ultra搭載の新モデルを投入 (2024年05月28日)
  7. ロジクール、新iPad Pro/iPad Air向けのトラックパッド付きキーボードケース (2024年05月28日)
  8. レノボ、Core Ultraを搭載したモバイルワークステーション「ThinkPad P1 Gen 7」など3製品 (2024年05月28日)
  9. 総務省がCHUWI(ツーウェイ)を「行政指導」 一部モデルで認証の取得漏れなどが判明 当該機種では「5GHz帯Wi-Fi」は使わないように (2023年04月13日)
  10. サンワ、左右にもスクロールできるサイドホイールを備えたワイヤレスマウス (2024年05月27日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー