ニュース
» 2007年07月04日 11時31分 公開

東芝、軽量モバイルノート「dynabook SS RX1」のWebオリジナルモデルを発売

東芝は、12.1インチワイド液晶装備の2スピンドルモバイルノート「dynabook SS RX1」のWebオリジナルモデル「dynabookSS RX1/W7A」を発売する。

[ITmedia]
photo dynabookSS RX1/W7A

 東芝は7月4日、12.1インチワイド液晶装備の2スピンドルモバイルノート「dynabookSS RX1/W7A」を発表、同社直販「東芝ダイレクトPC by Shop1048」にて発売を開始した。価格は27万9800円から(税込み)。

 dynabookSS RX1/W7Aは、2007年夏の店頭モデルとなるモバイルノートPC「dynabookSS RX1」のスペックアップモデル製品で、CPUを超低電圧版Core 2 Duo U7600(1.2GHz)としたほか、Bluetooth Ver2.0を標準搭載。HDD容量も120Gバイトに増量されている。

 メモリ容量と添付オフィスソフトの差異により4バリエーションを用意。メモリ1Gバイト搭載の「PARX1W7ALA10W」、メモリ2Gバイト搭載の「PARX1W7ALA10W-A」、およびOffice Personal 2007+PowerPoint 2007プレインストールモデルの「PARX1W7ALD10W」(搭載メモリ1Gバイト)、「PARX1W7ALD10W-A」(搭載メモリ2Gバイト)をラインアップする。

 そのほかの基本性能についてはこちらを参照のこと。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう