ニュース
» 2008年03月10日 16時00分 公開

「自作は安いんだ!」――780Gマザーのヒットで“AMDのターン”古田雄介のアキバPickUp!(4/4 ページ)

[古田雄介&ITmedia アキバ取材班,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4       

売れ続ける「Eee PC」とまもなく登場の「M704」、そしてMSIの動向は?

TSUKUMO eX.のEee PC売り場。「少数ですが入荷しました!」の手書きPOPが張られている

 1月25日に販売が始まったASUSTeKの「Eee PC 4G-X」は、しばらく品薄な状況が続いたものの、2月後半から再入荷が進み、3月初旬からは比較手に入手しやすい状況が続いている。

 人気は衰えていないばかりか、最近になってさらに売れ行きが好調になっているショップもあった。ある店員さんは「ギガバイトやMSIから登場するとウワサされる小型PCの影響で、Eee PCを気にかける人が増えているようですね。今年前半は低価格な小型PCで盛り上がりそうです」と語る。

 そのギガバイトから、スライド式キーボードを備えるUMPC「M704」がまもなく発売される。ツクモ各店で3月12日からの販売が予定されており、価格は7万9800円。Eee PC 4G-Xと同じく、7インチワイド液晶とWindows XP Home Editionを搭載しているが、1024×600ドット表示に対応し、メモリ容量は768Mバイト、HDDは60Gバイトと、ハイスペックなのが特徴。某ショップは「ライバルは工人舎のSAシリーズでしょう。Eee PCよりも本格的にモバイルしたい人向けと思います」と語る。

 週末までに実機の展示はなく、TSUKUMO eX.は「遅くなり恐縮ですが、12日の発売と同時に展示することになると思います。ネット注文はたくさん頂いておりますので、ヒットするのではと淡い期待を抱いております」と語る。

 なお、ASUSTeKやギガバイトとともに、小型PCの出荷がウワサされているMSIの製品については具体的な情報が入ってこなかった。ある店員さんが“あくまでもウワサ”と前置きしたうえで、「4月中には発売されるらしいですよ」と話してくれた程度だ。

 また、これらの小型PCがさらに盛り上がるために必要な要素として、Linux搭載モデルの登場を望む声も聞いた。「Eee PCも、Linuxベースなら低いスペックのままでかなり快適になるはず。日本は比較的Linuxを苦手にする人が多いですが、アキバでなら売れるはず。今後OSのバリエーションも増やして発売していってほしいですね」(ツートップ秋葉原本店)とのことだ。

ツートップ秋葉原本店もEee PC 4G-Xが再入荷していた(写真=左)。ツクモ各店で、3月12日からギガバイト「M704」の販売が始まる(写真=右)

前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう