ニュース
» 2008年06月16日 11時52分 公開

なんだかんだで主役になるASUSTeK――“P45の本命”「P5Q」シリーズが登場古田雄介のアキバPickUp!(4/4 ページ)

[古田雄介&ITmedia アキバ取材班,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4       

「ビジネスにも使えることを知ってほしいな」――A5ワイドのBamboo Comicデビュー

ワコム「Bamboo Comic CTE-650/W1」

 複数のショップにワコムのペンタブレット「Bamboo Comic CTE-650/W1」が入荷している。価格は1万4000円前後で、在庫は潤沢だ。CTE-650/W1は、入力エリアがA5ワイドサイズのペンタブレットで、イラスト作成用のソフトを付属する。PCとはUSBで接続し、バスパワーで動作する。

 入荷したショップでは、そこそこ好調に売れている様子。ただし、「イラスト作成する人だけが購入するので、数は期待できません。もともとペンタブレットはニッチな需要に支えられているので、細く長く売れるのが理想ですね」(フェイス パーツ館)と、ヒットを期待する声はなかった。

 ただし、長年ペンタブレットを使いこなしているというT-ZONE.PC DIY SHOPの店員さんは「Windows VistaでOffice 2007をインストールしているなら、ペンタブレットに標準対応したペンツールが使えます。ビジネス書類でも手書きの文章をアクセントに使えば、資料に勢いがつきますし、なかなかの仕上がりになりますよ」と、新たなシーンでの活用を提案していた。

 ちなみに、T-ZONE.PC DIY SHOPで人気があるペンタブレットは、エントリー層向けのA6ワイド型「Bamboo Comic CTE-450/W1」(8980円)だ。「1万円以下で購入できる手軽さと、コンパクトさが人気です」という。また、ハイエンド層には、A5サイズの「Intuos3 PTZ-630」(2万7800円)が定番の人気を誇っている。「筆圧だけでなく、ペンの角度も反映した線が引けますからね。本格的なイラスト作成に最適です」とのことだ(関連記事:「Bamboo Fun」で、初めての“バーチャルお絵かき” )。

T-ZONE.PC DIY SHOP 3Fにあるペンタブレットコーナー(写真=左)。一番人気の「Bamboo Comic CTE-450/W1」(写真=中央)。奥に並ぶ「Intuos3 PTZ-630」が、ペンタブレットマスターの御用達アイテムとなっているらしい(写真=右)

前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.